どうも、Mormorです!

 

「本当は怖い心臓とストレスの関係」の続きです。

 

 

 

 

●前回までのあらすじ

・地獄の心臓カテーテル検査。

・地味にキツイMRI検査。

・ついに国指定難病患者に。

・退院に向けて体力づくり&食生活改善指導。

 

 

いよいよ退院を控え、今まで看護師さんが全部用意してくれていた薬が、普通の薬袋に入れられて出てくる様になり、自分で服薬の数や種類を確認して、飲み終えたらパッケージを看護師さんがチェックする様になりました。

無論これは退院に向けて自分で薬剤を確認し、正しく服用出来る様にする為です。
2〜3種類なら間違えませんが、8種類有る上に服用のタイミングや錠数が異なる薬が有るので、ちゃんと確認しないと間違えそうなので、真面目にやります。

それと退院に向けて、今まで患者衣やタオル類を発注していた業者さんに退院日を連絡して、今までの代金を清算して貰う必要が有るので、その手続きをしたり、TVカードの残高を払い戻したり、家から持って来て貰った物を少しずつ持って帰って貰ったりして、退院に備えます。

あとはひたすらリハビリに専念して体力の回復を目指します。
気が付けば救急車で救急搬送されてから1ヶ月半近くになっていました。

漸く退院の日を迎え、患者衣から久しぶりに私服に着替えました。
体重が入院前の-18kgになったのでズボンがユルユルで、トレーナーも心なしかダボダボです。

担当の看護師さんやお世話になった看護師さんにご挨拶をし、最後に主治医から現状の説明と今後についての話が有りました。

 

 

まず現状は、EF値(左室駆出率:一回心拍出量の心室拡張末期容積に対する割合で正常値は50~80%)が36%程度で、まだ正常値には達していない事、BNP値(心臓に異常があると分泌されるホルモンで、正常値は14以下)も入院時は2000オーバーでいつ死んでもおかしく無い状況でしたが、230程度まで下がりましたが、こちらもまだ正常値では無い事、血圧は安静時90〜119程度、脈拍は55〜70程度で正常との事。

今後は投薬治療を続け、寛解状態を維持する事に目標が移ります。
残念ながら拡張型心筋症を根本的に治療する方法は心臓移植しか無く、あくまでも状況を悪化させない様にする事に主眼が置かれます。
ごく稀に回復する例も有るそうですが、そういったケースは非常に稀だそうです。

 

今後は1ヶ月毎の通院と、3ヶ月おきに心臓エコー検査、半年に一回はMRI検査を行い、病状を観察して行く事になりました。

基本的に普通の生活をする事は可能ですが、心臓に負荷が掛かる事は極力避ける事、但し適度な運動は必要なので行う事、また風邪やインフルエンザに罹患すると心臓に負担が掛かる為、極力罹患しない様にする事・・・などの注意を受けました。

また、抗凝固薬の影響で納豆や大量の海藻、大量の緑茶もNGで、歯科医で歯の治療を受ける際は必ず抗凝固剤を服用している事を医師に告げる事、また怪我などをすると出血が止まり難いので、極力怪我を避ける事なども注意事項として挙げられました。

 

 

 

 

最後に、質問は無いかと聞かれたので、何故急に拡張型心筋症になったのかを聞いてみました。
私の両親は心臓疾患は有りません。但し母方の祖父と祖母は心筋梗塞で亡くなっています。
特に母方の女性は、祖母、曽祖母、その母と3代続けて心臓病で亡くなっており、いずれも短命です。

 

しかし、主治医によれば「遺伝的な要素も有るかも知れないが、直接的な原因は恐らく極度のストレスに有ったのでは無いか?」との事でした。
過去の事例でもストレスから来る体の不調として、心不全になるケースはかなり有るそうです。

そう考えると、生活の為に我慢してやって来た仕事が心不全の原因になっていたという事になります。
有る意味命を削ってお金を稼いでいた訳で、それで死に掛けた以上、同じ事をして生活して行くのは不可能だと理解しました。

それとなく仕事復帰について聞いてみましたが、やはり体の負担を考えると前職の様な職種・業種はお勧めしないとの事。
焦らずに、まずは体を治す事に専念しましょうとの事でした。

幸いな事に、我が家の場合元々私と奥さんと両方で稼いで、基本的に私の収入で生活し、奥さんの収入でローンを返済するという形を採って来ました。
ローンはすでに完済しており、今後は奥様の収入は学費と老後の資金にするつもりでした。

ちょっと早過ぎるリタイアではありますが、最悪私の収入が無くても生活自体は全く問題無く出来ます。
奥様に感謝です。
とは言え、これから全く働く気が無い訳でも無く、今までの経験を生かしてコンサルティングや単発の仕事を請け負う事は可能だと考えました。

当面は奥様の収入に頼る事になりますが、病気を治療しつつ、働ける形を模索して行く事にしました。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


心筋症ランキング