広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

ふと、酸辣湯麺が食べたくなったので、揚州商人の酸辣湯麺と担々麺、名物の小籠包を取り寄せてみました。

冷凍で送られてくるので、2ヶ月ほど持ちます。

 

 

 

 

今日は酸辣湯麺にします。

これがパッケージ外観です。
揚州商人らしく、ちょっと昔の中国っぽいパッケージです。

 

 

 

 

箱の中身はこんな感じです。

スープ、麺、ラー油、具材、そして作り方説明書が付いています。

 

 

 

 

まずは凍っているスープ、ラー油、具材を湯煎します。

溶ければ良いので、3〜4分で取り出します。

 

 

 

 

溶けたスープ、具材、ラー油を取り出します。

卵を1個溶いておきます。

 

 

 

 

溶けたスープと具材を小鍋に入れて、水270ccを足して煮立てます。

具材にはちゃんと豚肉や椎茸、フカヒレ、葱などが入っています。
黒酢が入っているので酢の匂いもします。

 

 

 

 

煮立ったら火を止めて、溶き卵を入れてかき混ぜます。

ちょっと火が強くて泡立ってしまいました。
ちゃんと火を止めた方が良いです。

 

 

 

 

麺を茹でます。

細麺の麺は茹で時間50秒なので、手早く茹でてザルに揚げます。

 

 

 

 

丼に麺とスープを入れて、ラー油を掛ければ出来上がりです。

具材も全て揃っているので、このまま食べられます。

 

 

 

 

まずはスープから。

鎮江香酢の風味は紛れもなく「揚州商人の酸辣湯麺」です。
当たり前と言えば当たり前ですが、お店で味わうのと遜色無い味です。

 

 

 

 

細麺の柳麺。

お店だと、柳麺(細麺)、揚州麺(中太麺)、刀切麺(極太麺)が選べます。
柳麺(細麺)は茹で時間50秒と言う事でその通りに茹でましたが、まさにジャストな茹で上がりで、しっかりとしたコシが有って、小麦の風味も味わえます。

 

 

 

 

試しに天国屋さんで買って来た、鶏モモチャーシューを載せてみました。

天国屋さんの鶏モモチャーシューは酸辣湯麺にも良く合います。
メチャメチャ旨いです。

 

 

 

 

溶き卵と具材を一緒に食べると、また美味しいです。

付属のラー油はあまり辛くありませんが、風味が良くて美味しいです。

 

 

 

 

と言う訳で、あっという間に完食&完飲です。

外出自粛でお店に行かれないので、通販で買える「揚州商人」の「酸辣湯麺」はとてもありがたいです。

味の再現性は非常に高く、これなら文句無く「揚州商人」の味が自宅で味わえます。

本当はお店で「激辛酸辣湯麺」を食べたい所ですが、「酸辣湯麺」でも旨さは十分に味わえます。

「担々麺」と「小籠包」も買ったので、まだまだ楽しめそうです。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング