広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

今日は先日「一蘭 相模原店」で博多ラーメンデビューした子供達を連れて、「ラーメン暖暮 相模大野店」に行って来ました。

一蘭 相模原店」もそうですが、「ラーメン暖暮 相模大野店」も比較的癖の無い豚骨スープなので、博多ラーメン初心者にはピッタリのラーメンです。

 

 

 

 

まずは食券を購入。

長女のみ「特製ラーメン」¥780で、あとは全員「半熟煮卵ラーメン」¥880にしました。

「博多一口餃子8個」¥450と、トッピングの「きくらげ」¥100も追加しました。

 

 

 

 

壁のメニュー。

以前より少しメニューが増えている気がします。
「高菜チャーハン」や「特製チャーシュー麺」は以前は無かった様な気がします。

 

 

 

 

オーダー後、3分も掛からずに次女の「半熟煮卵ラーメン」辛味ダレ無しが着丼。

麺の茹で加減「普通」なのに、「超かた」でオーダーした私より早くて驚きました。

 

 

 

 

続いて、奥様の「半熟煮卵ラーメン」も着丼。

こちらも麺の茹で加減は「普通」です。

 

 

 

 

それから3分位で私の「半熟煮卵ラーメン」、麺「超かた」、「きくらげ」トッピングが着丼。

「きくらげ」は皆んなでシェアしました。

 

 

 

 

まずは辛味ダレを溶かずにスープを頂きます。

とてもスッキリとしたスープで、臭みも無く、癖の少ないスープです。

 

 

 

 

細麺の麺。

「超かた」なのでザクザク食感です。
個人的には硬めの茹で加減が大好きです。

 

 

 

 

バラ巻きチャーシュー。

小ぶりですが3枚入っています。
博多ラーメンのチャーシューは比較的薄手のものが多いので、このチャーシューは満足度が高いです。

 

 

 

 

追加トッピングの「きくらげ」。

博多ラーメンには良く合う具材です。

 

 

 

 

「博多一口餃子」。

ここに来ると必ず頼むサイドメニュー。
ラー油の代わりに柚子胡椒を付けて食べるのが美味しいです。

 

 

 

 

辛味ダレを溶かして、改めてスープを味わいます。

一蘭 相模原店」の「秘伝のタレ」よりも生唐辛子の味が強めで、結構辛いです。

 

 

 

 

「半熟煮卵」。

しっかり味の浸みた味玉です。
1個分が2つに切って有るので、替玉用に片方は取って置きます。

 

 

 

 

半替玉を「超かた」でオーダーしました。

奥様と子供達も「かため」でオーダーしました。

 

 

 

 

折角なのでCovid-19対策で撤去されて、言わないと出て来ないニンニクと紅生姜、辛子高菜を持って来て貰いました。

おろしニンニクは豚骨スープには欠かせません。

 

 

 

 

大好きな辛子高菜も投入。

香ばしいごま油の香りがします。

 

 

 

 

おろしニンニクと辛子高菜を追加した状態。

辛子高菜のピリ辛と香ばしいごま油の風味が食欲を増進します。

 

 

 

 

続いて、紅生姜も追加します。

これも博多ラーメンには欠かせないトッピングです。

 

 

 

 

紅生姜が加わると、爽やかな辛味と酸味で、更に美味しくなります。

スープもさる事ながら、「超かた」の麺とのマッチングが抜群です。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

久しぶりの「ラーメン暖暮 相模大野店」でしたが、相変わらず店内で炊いている豚骨スープは癖が無く、スッキリしていて飲みやすいスープです。

チェーン店とは言え、スープのクオリティにはいつも驚かされます。

それに合わせた極細麺も、小麦の風味がする美味い麺で、マッチングはバッチリです。

具材の方も、バラ巻きチャーシュー、半熟煮卵、小口切りの万能ネギ、辛味ダレなど、どれも抜かり有りません。

おろしニンニクや紅生姜、辛子高菜などのトッピングも充実しており、サイドメニューの「博多一口餃子」も他に無い味です。

子供達にも好評でした。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 相模大野駅