広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

今日はTwitterで予告されていた、「エビチリつけ麺」を食べに「えびくらぶ」さんに行って来ました。

前回は先月「冷やし豚しゃぶつけ麺」を食べて以来なので、丁度1ヶ月ぶり位の訪問です。

 

 

 

 

Twitterの告知。

「エビチリつけ麺」果たしてどんな味なのか?
とても楽しみです。

 

 

 

 

まずは入って右手の券売機で食券を購入します。

今日の限定は「冷やし豚しゃぶつけ麺」と「エビチリつけ麺」。
食券はどちらも上から2段目の左から2番目、「限定麺」¥1,000です。

 

 

 

 

食券を渡す際に「エビチリで!」とお願いしてカウンター席へ。

手前のカウンター席は埋まっていたので、角から2番目に座りました。

 

 

 

 

卓上の調味料は変わりない様です。

ブラックペッパーは常備される様になっています。

 

 

 

 

箸箱が変わりました。

以前は箸立てを使っていましたが、Covid-19対策の一環か、箸箱に変わった様です。
手作りの様な温かみのある、渋い箸箱です。

 

 

 

 

待つ事10分少々で、「エビチリつけ麺」が着丼。

見た目は「えびつけ麺」と良く似ていますが、トッピングが揚げた海老になっています。

 

 

 

 

麺は三河屋製麺製の太麺。

モチモチ食感で加水率高めの太麺です。

 

 

 

 

スープに浸します。

海老の風味と共にニンニクの風味がするので、刻みニンニクが入っている様です。

食べてみると、濃厚な海老のスープに酸味と辛味が加わり、刻みニンニクの風味も有って、正しく「エビチリ」です。

 

 

 

 

トッピングの揚げ海老。

「エビチリ」の海老も揚げてあるので、スープに浸せば完全にエビチリです。

 

 

 

 

スープに浸して食べてみます。

味は完全に「エビチリ」。
香ばしく揚がった海老はまだ温かく、エビチリスープに浸せばエビチリそのもの。

刻みニンニクが効いているので、ガーリックシュリンプっぽさも有ります。

 

 

 

 

という訳で、麺と具を完食。

果たして「エビチリつけ麺」のスープ割りは旨いのでしょうか?

 

 

 

 

卓上の「割スープ」で割ってみました。

通常の「えびつけ麺」と比べ、酸味と辛味が有るのでどうかと思いましたが、全く問題無く、むしろ旨いです。

個人的に酸辣湯の様な、酸味と辛味の有る味が好きだという事も有りますが、このスープはアリだと思います。

 

 

 

 

という訳で、完食。

「えびくらぶ」さんの海老の日記念3日間限定「エビチリつけ麺」ですが、名前の通り正に「エビチリ」そのものの味でした。

揚げた海老をスープに浸せば、正に「エビチリ」ですし、麺を食べてもエビチリのソースで食べている様な感じです。

これはレギュラー化して欲しい位の完成度ですが、コスト的に厳しいですかね?

もし可能なら、是非レギュラー化をお願いしたいメニューです。

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング


関連ランキング:つけ麺 | 相模大野駅