広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

先日、「鬼滅の刃」の映画「無限列車編」を観て来ました。

単行本も全巻持っているのでストーリーは知っていましたが、それでもやはり、「心を燃やせ!」のシーンでは感動しました。

 

 

 

が、煉獄さんの様に「心を燃やせ!」が出来るかと言われれば、うつ病経験者としては、それは難しいと思います。

一度心が折れてしまった経験者としては、「心を燃やせ!」はかなり難しい事です。

何故なら、「心を燃やせ!」をやりたくても、その前に「心が折れてしまう」からです。

 

 

 

 

もちろん、気持ちとして「心を燃やせ!」と言う気持ちにはなります。
なりますが、その気持ちにココロが耐えられないのです。
「心を燃やす」前に、ココロが折れます・・・

多分、一度でもうつ病になった事のある人なら分かると思うのですが、一度ココロが折れた事のある人にとっては、「心を燃やす」事は非常に大きな負荷になるので、「心を燃やす」前に「心が折れる」のです。

 

 

 

「煉獄さん」の様に、熱いココロを持ち、心が折れた事が無い強靭な精神の持ち主なら「心を燃やせ!」は問題無く実現出来る事かも知れませんが、一度でも心が折れた経験の有る人にとって、「心を燃やす」事は簡単な事では有りません。

何故なら、「心を燃やせ!」をやりたくても、ココロがそれに耐えられないからです。

 

 

 

 

一度でも心が折れた経験の有る人なら分かると思いますが、心が折れた後は踏ん張りが効かなくて、それ程大きな負荷でなくとも、簡単にココロが折れるからです。

全ての人がそうだとは言いませんが、自分のケースでは一度ココロが折れた場合、同様のストレスが掛かったり、同じ様なシチュエーションに遭った時にはココロが折れる可能性が高いです。

 

 

 

 

「煉獄さん」の様な強靭な精神の持ち主で無い自分の場合、「心を燃やせ!」は正直重過ぎるのです。

心を燃やしたくても、それに耐えられない脆いココロの場合、心を燃やせないのです。

 

 

 

 

世の「煉獄さん」の言葉に感動した方々の中で、ココロがそれに耐えられないと思った方々、私と同じです。

「煉獄さん」の言葉にムネアツになりつつも、自分の心の脆さにガッカリしていたワタクシ・・・

やはりココロが脆いワタクシにとっては、「心を燃やせ!」は重過ぎる言葉でした。

一度でもココロが折れた事のある方、無理はいけません。
ココロが折れた事のある方の場合、安易にココロに負担を掛けてはいけないと言うお話でした。

 

 

 

 

メンタルヘルス メンタルヘルスブログ・テーマ
メンタルヘルス


人気ブログランキング