広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は先日行った「えびくらぶ」さんに、またまたお邪魔しました。

先日行った際に未食の「エビ郎」のボタンが券売機に有ったので、それを食べようと思ったのですが・・・

 

 

 

 

光が当たっていて見え難いのですが、「エビ郎」は今日は提供されていませんでした😭。

ちなみに先日食べた「えび塩ラーメン」の掲示が出ていますが、これも今日は有りません。

今日はレギュラーメニューのみの営業の様です。
そこで久々にレギュラーメニューの「えびつけめん」を食べてみる事にしました。

調べてみたら、昨年4月に食べて以来だった様で、本当に久しぶりです。

 

 

 

 

卓上調味料には変化は無い様です。

10日前に来たので、当たり前ですね。

 

 

 

 

スープ割り用のポットと水の入ったピッチャー。

偶にごっちゃになってスープに水を入れそうになったり、コップにスープ割りを注ぎそうになったりします🤣。

 

 

 

 

待つ事10分程で、「えびつけめん」+「ガーリックシュリンプトッピング」が着丼。

良く見たら昨年4月に食べた時も、「えびつけめん」+「ガーリックシュリンプトッピング」だった様です。(味玉も追加していました)

 

 

 

 

まずは麺リフトから。

三河屋製麺製の太麺。
モチモチ食感で、濃厚なスープの味に負けない、小麦の味のする麺です。

 

 

 

 

スープに浸します。

濃厚なスープは独特の甘みが有ります。
海老の旨味を抽出仕切った様な濃厚さですが、生臭さは一切無く、とても丁寧に旨味を抽出しています。

 

 

 

 

鶏モモ肉のチャーシュー。

モモ肉らしい、適度に脂が乗っている部分で、低温調理されており、柔らかさと適度な肉感のあるチャーシューです。

 

 

 

 

鶏胸肉のチャーシュー。

鶏胸肉らしいサッパリとしたチャーシューで、低温調理でしっとりとした食感です。

 

 

 

 

太めのメンマ。

ザクザク食感で、麺の食感との対比が面白いメンマ。
味付けも適切で、超濃厚海老スープに良く合います。

 

 

 

 

ガーリックシュリンプトッピング。

別皿で提供されるので、つまみながら食べましたが、これは旨いです。
昨年4月に食べた時はパクチーも一緒に有ったので、エスニックな味を楽しみましたが、単品でもハワイで食べた味を思い出させる味で、とても美味しいです。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えて、割スープでスープを割ってみました。

超濃厚スープですが、繊細なバランスで成立しているので、薄め過ぎてもダメですし、濃過ぎても飲み辛くなるので加減が大事です。

レモン風味の割りスープのお陰で飲み口は爽やかになりますが、海老の風味はしっかり残ります。

前に何処かで「割りスープが変わった」と言う記述を見た気がしましたが、試しに割りスープだけを飲んでみたら、やはりレモン風味だったので、多分割りスープは変わっていないのでは無いかと言う気がします(自信は有りませんが・・・)

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

久しぶりに「えびくらぶ」さんのレギュラーメニュー「えびつけめん」を食べましたが、やはりこれだけ濃厚な海老スープは他では味わえないオンリーワンな味です。

お店が出来た時はスープ割りも無くて、超濃厚スープの「えびつけめん」と「辛えびつけめん」の2トップのみと言う潔さで、商売的に成立するのか少々不安でしたが、レモン風味の割りスープやサイドメニュー、限定メニューで幅を広げ、Covid-19の流行という逆風の中でもしっかり生き残って来ました。

改めて、看板メニューの「えびつけめん」を食べてみて、この味が受け入れられて来ている事を実感しました。

ちなみに昨年4月に食べた時も、「えびつけめん」+「ガーリックシュリンプトッピング」でしたが、「ガーリックシュリンプトッピング」はやっぱり激ウマでした。

これは「えびつけめん」を食べる方には是非オススメしたいトッピングです。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング


関連ランキング:つけ麺 | 相模大野駅