広告

スポンサーリンク


どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は、鶴川に2022年10月19日にオープンした「しおらーめん進化2nd」さんに行って来ました。

今までは「町田汁場しおらーめん進化本店」と「町田汁場しおらーめん進化 駅前店」、「町田汁場 しおらーめん進化 中山店(閉店)」の3店舗共、基本的には淡麗スープの塩ラーメンでしたが、「しおらーめん進化2nd」はスープ、麺、具材の全てが異なる様です。

 

 

 

 

「肉のハナマサ」や「牛角」などと駐車場は共用になっています。

40台分有るので平日昼間ならまず満車と言う事は無さそうです。

 

 

 

 

看板メニューの「しおらーめん」は本店・町田駅前店とはスープ・麺・具材全て違う仕様と書いて有ります。

「進化が作る新しい『しおらーめん』」との事で、とても楽しみです。

 

 

 

 

メニュー。

看板メニューの「しおらーめん」と「背脂生姜のしおらーめん」の2種類にトッピングのバリエーションx5で合計10種類です。

「しおつけ麺」は今後登場する様です。

 

 

 

 

ご飯ものは「鶏チャーシューご飯」、「焼豚丼」、「名古屋コーチンの漬け玉子ご飯」の3つ。

オススメは「鶏チャーシューご飯」の様です。

 

 

 

 

しおらーめん進化2nd」は開店直後は記帳制でしたが、今は混雑時のみ記帳制の様です。

記帳制でない時は、この様に「只今すぐにご案内できます」となっています。

 

 

 

 

まずは店内入口裏手に有る券売機で食券を購入します。

初訪問なので左上の法則…と思いましたが、「背脂生姜のしおらーめん」がとても気になったので「背脂生姜味玉」¥1,070にしました。

 

 

 

 

店内はカウンター8席、2人掛けテーブルx4、4人掛けテーブルx1の計20席です。

カウンター席の一番入口側に案内されました。

 

 

 

 

使用食材とお勧め品。

流石は関口店主だけの事は有り、塩には並々ならぬ拘りが見えます。

「わじまの塩ハイボール」が凄く気になりますが、鶴川駅からここまで歩くと25〜30分は掛りそうな気が…(汗)。

 

 

 

 

待つ事10分程で、「背脂生姜のしおらーめん味玉付き」が着丼。

確かに「町田汁場しおらーめん進化本店」と「町田汁場しおらーめん進化 駅前店」とは明らかに異なる麺相です。

 

 

 

 

まずはスープから。

本店や町田駅前店とは明らかに異なる味のスープは、より塩味が強めですがカドは無くまろやかな味わいです。

背脂の甘みがマイルドさとコクを出しており、生姜の風味が爽やかさを演出しています。

 

 

 

 

自家製の手揉み麺。

進化としては珍しい手揉み麺。
モチモチ食感で適度にスープが絡み、とても美味しい麺です。

 

 

 

 

吊るし焼きチャーシュー。

これも進化では初めての吊るし焼きチャーシュー。

香ばしい風味が背脂生姜の効いたスープと良く合います。

 

 

 

 

太めのメンマ。

ザクザク食感が麺との対比で良い箸休めになります。

 

 

 

 

紫キャベツのスプラウト。

色合いの美しさと爽やかな風味が背脂生姜のスープと良く合います。

 

 

 

 

スプラウトと麺をいただきます。

スプラウトのシャキシャキとした食感と麺のモチモチ食感が楽しめます。

 

 

 

 

刻みネギと麺をいただきます。

刻みネギの爽やかな辛味が背脂生姜のスープと良く合っていて美味しいです。

 

 

 

 

メンマと麺をいただきます。

メンマと麺の味と食感の違いが面白いです。

 

 

 

 

ココでオススメの味変「ブラックペッパー」を使ってみます。

「背脂生姜のしおらーめん」には良く合うそうです。

 

 

 

 

ブラックペッパーを投入した所。

一般的には醤油味スープに良く合うブラックペッパーですが、背脂生姜にも合うのでしょうか?

 

 

 

 

ブラックペッパーを掛けた麺をいただきます。

背脂の甘みとブラックペッパーのスパイシーさが良く合います。
生姜もブラックペッパーと相性が良いので、相乗効果でとても美味しいです。

 

 

 

 

進化本店や駅前店の「淡麗塩」とは対照的な「背脂生姜スープ」。

共通しているのはまろやかな塩味です。

片や背脂の甘みでマイルド感を出し、片や塩と貝類などを合わせて優しい味に仕上げ、それぞれやり方は異なりますが方向性は一致しています。

 

 

 

 

「しお味玉」。

「しおらーめん」に拘る進化らしい、塩で味付けされた「しお味玉」。

塩味スープとの相性は抜群です。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えて、スープを味わいます。

本店や町田駅前店に比べるとやや塩味を強めにしてありますが、背脂の甘みがそれをマイルドにしてくれるので、まろやかな味になっています。

生姜が背脂のクドさを消して爽やかな風味になっており、とてもサッパリとした味になっています。

 

 

 

 

と言う訳で、完飲&完食です。

しおらーめん進化2nd」さんの「背脂生姜のしおらーめん」でしたが、進化本店や町田駅前店とは全く異なるアプローチの一杯でした。

スープは塩味強めのタレと背脂を合わせてマイルドな味に仕上げており、生姜の風味が爽やかさを添えています。

「特製手揉み麺」はモチモチ食感と手揉み特有の捩れがスープを良く持ち上げて、絶妙な旨さを出しています。

そして進化初の吊るし焼きチャーシューが香ばしくてとても良い味を出しています。

スープ・麺・具材の全てが進化本店や町田駅前店と事なっており、一味違う一杯に仕上がっています。

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 鶴川駅