広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

今日はネット通販で「ナルトもメンマもないけれど」の「廣島らぁめん」を入手したので、早速作ってみました。

店主の道理さんは、以前「超純水彩麺 天国屋」さんで『「ザ・中華そば」ナルトもメンマもあるけれど』を食べた時にお見掛けしました。

 

 

 

 

まずはスープを湯煎します。

ちなみに赤いスープは「超純水彩麺 天国屋」さんの「地獄ラーメン」です。

 

 

 

 

続いて麺を茹でます。

細麺の麺はダマになり易く、良く解しながら茹でる事をオススメします。
ちなみに茹で時間は2分です。

 

 

 

 

スープを丼に注ぎ、湯切りした麺を入れて、トッピングを載せて完成です。

チャーシューは「超純水彩麺 天国屋」さんのバラチャーシュー、メンマは市販品、味玉は自作半熟味玉、茎わかめ、九条ネギを載せました。

 

 

 

 

まずはスープから。

丼にスープを注ぐ時、最後に大量の骨粉が残ったので、かなりの強火で炊き出した豚骨スープで、ザラついたスープを想像しましたが、家系ラーメンのスープの様なクリーミーな豚骨スープと鶏の出汁を感じられます。

甘めの醤油を合わせているそうで、とてもまろやかな味です。

 

 

 

 

細麺の麺。

細麺ながらモチモチ食感の麺は、広島の有名製麺所「磯野製麺」製のお好み焼き用の生麺だそうで、ちょっと不思議な食感の麺で、小麦の味がする、美味しい麺です。

 

 

 

 

チャーシューは「超純水彩麺 天国屋」のバラチャーシュー。

このバラチャーシューはクリーミーな豚骨鶏ガラスープに良く合います。

 

 

 

 

市販のメンマ。

オールラウンドな味なので、このスープにも合います。
サクサク食感で、箸休めにも最適です。

 

 

 

 

茎わかめ。

ちょっと塩抜きが足りなくて、ちょっと塩っぱかったですが、茎わかめの磯の風味は、このスープに良く合います。
海苔も良く合いそうなスープです。

 

 

 

 

自作の半熟味玉。

広島豚骨と言うこのスープには、味玉が良く合います。

初めて食べた「ナルトもメンマもないけれど」の「廣島らぁめん」ですが、豚骨と鶏のスープは家系ラーメンを彷彿とさせるものの、甘めの醤油ダレと合わせてまろやかな味になっており、お好み焼き用の細麺が独特の食感で、今まで味わった事の無いラーメンです。

豚骨と鶏のスープなのに、クドい感じが無くて、食べやすいラーメンです。
Covid-19のワクチンや治療薬が出来て収束したら、是非お店に食べに行きたいと思います。

 

 

こちらも是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 関内駅伊勢佐木長者町駅馬車道駅