広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

今日は、9月2日から発売開始の限定「塩つけ麺」を食べに、「焼きあご煮干しらぁめん とびうお」さんに行って来ました。

開店前の11:10頃到着で、並び1名で2番目でした。

 

 

 

 

Twitterの告知。

見るからに涼しげなビジュアルです。

 

 

 

 

店の前の立て看板にも「塩つけ麺」が掲示されています。

値段もかなり頑張ってます。

 

 

 

 

裏側には並び方や食券の買い方の説明があります。

代表待ちの禁止や、ウェイティングは外待ちなど、注意事項が書いてあります。

 

 

 

 

11:30丁度に開店。

「味玉塩つけ麺」¥900にしました。

 

 

 

 

手前のカウンターの左隅に座りました。

カウンター上には水の入ったピッチャーと、スープ割りのスープが置いて有ります。

 

 

 

 

壁に「塩つけ麺」の説明書きが有ります。

麺はアゴのそばつゆと昆布水に浸かっている様です。
レモンジュレで食べる様に書いて有ります。

 

 

 

 

パーティションにも「塩つけ麺」の説明書きが貼って有ります。

これなら、どの席に座っても説明書きが読めます。

 

 

 

 

前回訪問時にはなかった、ビニールの幕が卓上調味料や箸の上に掛かっています。

やはり飛沫感染の防止のためでしょうか。

 

 

 

 

待つ事10分程で、「味玉塩つけ麺」が着丼。

味玉は麺の方に載っています。

 

 

 

 

麺の丼のアップ。

アゴのそばつゆと昆布水に浸かっている麺と、大葉に載っているレモンジュレが涼しげです。

 

 

 

まずは麺から行ってみます。

全粒粉練り込みの平打ち麺。
見た感じは加水率高めのツルッと食感に見えます。

 

 

 

 

スープに浸します。

“ゲンコツと鶏のダブルスープに、3種の塩をブレンドしたあご出汁入りのタレと、ホタテを加えた特製かえし”との事。

普通あご出汁と言えば優しい味のスープを想像しますが、これはかなりクッキリとした味のスープで、魚介系の出汁が前面に出ており、動物系がしっかり支えている感じのスープです。

あご出汁でここまでクッキリとした味のスープを作るのは、さぞ苦労した事でしょう。

平打ちの特注麺は、全粒粉練り込み麺らしい香ばしさが有り、ツルッと食感+モチっと食感のツルモチ系です。

 

 

 

 

大葉に載っているレモンジュレ。

説明通り、これを麺に溶きながら食べていきます。

 

 

 

 

麺にジュレを載せて、麺にジュレを溶きます。

このまま食べてみると、確かにアゴと昆布水の出汁のお陰で、これだけでも十分食べられます。

ただレモンが強すぎて出汁の味が霞んでしまうので、ぬちまーす塩などで食べた方が出汁感を味わえそうな気がします。

 

 

 

 

刻んだチャーシューがスープに入っています。

前回食べた「特製焼きあご煮干し塩らぁめん」は、炙りチャーシューでしたが、これは炙ってはいない様です。

塩のスープに入っているので、丁度良い塩梅の味になっています。

 

 

 

 

材木メンマ。

これは焼いたのでしょうか?
食べてみると、香ばしく焼かれている訳では無さそうなので、作っている時にちょっと焦げただけかもしれません。

太いメンマですが柔らかく煮られており、味付けもちょっと優しいあご出汁っぽい味です。

 

 

 

 

レッドキャベツスプラウト。

これは「超純水彩麺 天国屋」さんの限定麺や、「Sagamihara 欅〜HANARE〜」などでも使われています。

彩を添えると同時に食感を楽しめます。

 

 

 

 

レモンジュレの載っていた大葉。

大葉も「Sagamihara 欅〜HANARE〜」のラーメンには良く載っています。

 

 

 

 

折角なので、大葉巻き麺にして頂きます。

麺に溶いたレモンジュレと大葉の爽やかな香りで、全粒粉入りの麺が一段と旨いです。

 

 

 

 

半熟の味玉。

多分、塩味玉と思われますが、一見普通のゆで卵の様に白く、黄身はゼリー状の半熟です。

塩味スープにとても良く合います。

 

 

 

 

と言う訳で、麺と具を完食。

スープを割って、スープを味わいます。

 

 

 

 

スープ割りはカウンター上のポットに入っています。

これでスープを割ります。

 

 

 

 

スープ割りで温かくなったスープは、一段と美味しいです。

ただ、惜しいのは少しレモンが強過ぎて、折角の魚介出汁の風味が希薄になってしまっています。

麺のレモンジュレは兎も角、スープのレモンは無くても良いかもしれません。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「焼きあご煮干しらぁめん とびうお」さんの「塩つけ麺」ですが、あご出汁とは思えない程クッキリとした味のスープに驚きました。

全粒粉入りの平打ち麺も、香ばしさとその食感は素晴らしいものでした。

ただ、レモンは確かに塩味スープに良く合うのですが、魚介風味が霞んでしまうので、ジュレだけにするか、もしくは麺を味わうのは「ぬちまーす塩」の様な塩にして、スープ側のレモンだけにした方が良いのではないかと思いました。

これだけの旨味が凝縮されたスープの魚介風味が霞んでしまうのは何とも惜しいです。

繊細なあご出汁だけに、味変もかなり難しいものだと思います。
醤油味のスープですが、「赤坂麺処 友」の「芳醇あごだししょうゆらーめん」の場合、自家製ラー油で味変しています。

このラー油、かなり辛いので、入れ過ぎるとただの辛いだけになってしまいますが、適量なら思いの外あご出汁の風味が残ります。
加減が難しい所ですが、やはり折角のあご出汁は最後まで味わいたい所です。

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 南林間駅鶴間駅