広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は先日通販で取り寄せた、「赤坂麺処 友」の「芳醇あごだし醤油らーめん」を作ってみました。

3食セットの内、2セット分を前回食べたので、残りの1セット分です。

 

 

 

 

まずはスープを湯煎します。

スープには具材(チャーシュー・メンマ)が入っているので、あまり煮立てない程度に湯煎します。

 

 

 

 

中太ストレート麺の茹で時間は2分半〜3分半。

今日は2分半茹でました。

 

 

 

 

スープを丼に入れ、湯切りした麺を入れて具材を載せて出来上がりです。

九条ネギと自作半熟味玉は別途用意しました。

 

 

 

 

まずはスープから。

豚骨ベースながら、クドさは無く、あごだしの優しい味がするスープ。
豚骨魚介系のスープであるにも関わらず、むしろスッキリとした味わいが特徴です。

 

 

 

 

麺は中太ストレート麺。

家系ラーメンの麺に近い様な平打ちっぽい中太麺ですが、モチっとした食感で小麦の風味のする麺です。

適度にスープが絡んで、丁度良い味わいになります。

 

 

 

 

バラチャーシュー。

とても柔らかく、スープに合わせた優しい味付けが特徴です。
バラ肉なので適度に脂が乗っていて、スープの味に良く合っています。

 

 

 

 

材木メンマ。

太いメンマですが、柔らかく煮られています。
味の方もあごだしスープに良く合う優しい味付けです。

 

 

 

 

自作の半熟味玉。

今回は上手く半熟に出来ました。
一晩タレに漬けてあったので、丁度優しい味のスープにピッタリの味になっています。

 

 

 

 

ここで味変の自家製ラー油を使います。

この自家製ラー油、花椒が効いていてシビレがくるタイプです。

 

 

 

 

半分位入れてみました。

それでもかなりの辛さだと思います。

 

 

 

 

スープにラー油を混ぜてみました。

麺を食べてみます。
辛さそのものは辛さ度5の「蒙古タンメン」位ですが、花椒のシビレのお陰でもっと辛い感じがします。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えたので、スープを味わってみます。

あごだしの優しい味を豚骨スープが支えていて、とても旨いスープです。
そこに足した自家製ラー油の辛味が良い感じに効いていて、これもまた旨いです。
表面の香味油は冷めると膜が張る位なので、多分鶏油を使用しているのではないかと思いますが、あごだしの風味を効かせてあり、これが香ばしさを演出しています。

 

 

と言う訳で、「赤坂麺処 友」の「芳醇あごだし醤油ラーメン」でしたが、お店で食べた時とスープの味は遜色ありません。

無論、お店で食べた方が具材も豊富ですし、旨いと思いますが、Covid-19を考えて公共交通機関の利用を極力控えているので、お取り寄せ出来るのはとてもありがたいです。

 

 

こちらも是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 赤坂駅溜池山王駅国会議事堂前駅