広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は先日通販で取り寄せた、「Japanese Ramen Noodle Lab Q」の「中華soba」と「塩煮干soba」を作ってみました。

「Japanese Ramen Noodle Lab Q」さんは札幌の有名店で、いつか食べてみたいと思っていました。

 

 

 

 

作り方説明書。

ラーメンの説明も有ります。

 

 

 

 

まずはスープの湯煎から。

「中華soba」x2と「塩煮干soba」x2を湯煎します。
鍋が一杯です。

 

 

 

 

まずは「中華soba」の中細麺から。

中細麺の茹で時間は3分〜4分。

 

 

 

 

スープを丼に移し、湯切りした麺を入れて、トッピングを載せれば完成です。

チャーシュー、メンマ、半熟味玉、九条ネギは別途用意しました。

 

 

 

 

まずはスープから。

醤油の効いたスープは、鶏と魚介の出汁がしっかりと感じられます。

 

 

 

 

中細麺。

適度なコシと歯応えの麺は、小麦の風味がする美味しい麺です。

 

 

 

 

チャーシュー。

このチャーシュは「天下一品」のチャーシューで、600gも有ったので冷凍しておいたものです。
スチーム解凍すると、殆ど味や食感を損なわずに解凍する事が出来ます。

煮豚系のチャーシューですが、適度な肉感と味付けのチャーシューです。

 

 

 

 

メンマ。

市販の材木メンマです。
ちょっと硬めですが、味付けは適度で、醤油味スープにも良く合います。

 

 

 

 

続いて、「塩煮干soba」です。

スープを湯煎します。

 

 

 

 

続いて麺を茹でます。

平打ちの中太麺の茹で時間は4〜5分です。

 

 

 

 

丼にスープを注ぎ、湯切りした麺を入れて、トッピングを載せて完成です。

チャーシュー、海苔、半熟味玉、材木メンマ、九条ネギ、三つ葉を載せました。

 

 

 

 

まずはスープから。

「塩煮干soba」と言う名前なので、てっきり塩味スープかと思っていましたが、説明書きを見ると白醤油を使用しているようです。

驚くのは香ばしい煮干の風味が強く、味も香ばしい煮干の味が出ています。

優しい味の白醤油と鶏と魚介のスープは今までに無い位の煮干の香ばしさです。

 

 

 

 

平打ちの中太麺。

ツブツブが見えるので、フスマもしくは全粒粉練り込みでしょうか?
「中華soba」の中細麺と比べて、幅広且つ中太だからでしょうか、よりコシと歯応えが有ります。

 

 

 

 

チャーシュは「中華soba」と同じく「天下一品」のチャーシューです。

今流行りのレアチャーシューも旨いですが、昔ながらの煮豚チャーシュも結構好きです。

 

 

 

 

材木メンマ。

市販のメンマですが、オールラウンドなタイプで、白醤油スープにも合います。

 

 

 

 

三つ葉。

白醤油のスープには三つ葉が良く合います。
町田の「いぶし銀」の「大人の塩ラーメン」や町田の「超純水彩麺 天国屋」のラーメンにも使われています。

 

 

 

 

海苔。

海苔も「塩煮干soba」のスープに良く合います。

 

 

 

 

スープに浸して海苔巻き麺にして頂きます。

海苔の風味と「塩煮干soba」のスープ、麺の味が合わさって、とても美味しいです。

 

 

 

 

自作の半熟味玉。

黄身が適度に半熟で、味浸みもまぁまぁです。
一晩浸けただけだったので、もう少し浸けた方が良かったかもしれません。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えて、スープを味わいます。

やはり香ばしい煮干の風味が独特です。
宗田鰹の風味が強いのか、鰹出汁を感じます。
またホタテやハマグリなどの貝類の味も感じられます。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

ほぼほぼスープも飲み干してしまいました。

「Japanese Ramen Noodle Lab Q」さんの「中華soba」と「塩煮干soba」でしたが、どちらも非常にレベルの高い味でした。

特に「塩煮干soba」のスープは独特な味で、今まで食べたどの白醤油スープとも違う味になっていました。

もし機会が有ったら、ぜひお店で食べてみたい味でした。

 

 

 

こちらも是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

広告

スポンサーリンク


 

 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | さっぽろ駅(札幌市営)大通駅西4丁目駅