広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は奥様の要望で「中国ラーメン揚州商人」に行って来ました。

前回訪問が昨年11月なので、1年近くぶりの訪問です。

 

 

 

 

Covid-19対策で、カウンター席にはパーティションが置いてあります。

テーブル席にはパーティションは有りませんが、ジャスミンティーの入ったピッチャーは都度持って来る様に変わった様です。

ここは注文制なので、メニューを見てオーダーします。
私はいつもの「激辛酸辣湯麺」にワンタントッピングしてみました。
奥様は担々麺、次女はレタスチャーハンにしました。

 

 

 

 

待つ事7〜8分で、「激辛酸辣湯麺」ワンタントッピングが着丼。

ワンタントッピングが出来ると言う事を、メニューを見て今日初めて知りました。

 

 

 

 

まずはスープから。

「激辛」と言う名前ですが、辛さは「蒙古タンメン中本」の辛さ度で言えば”5″の「蒙古タンメン」位です。

溶き卵のお陰で辛さは更にマイルドになり、鶏ガラスープと筍や椎茸、フカヒレなどの素材を合わせたスープはサッパリしています。

 

 

 

 

麺は刀切麺にしてみました。

極太の麺は「刀削麺」に似ていますが、モチモチ食感で極太麺ならではの歯応えが有ります。

縮れているのでトロミのついたスープが良く絡みます。

 

 

 

 

ワンタン。

皮がプリプリで、餡は挽肉とネギが入っています。
5個入っているのでボリューム的にも満足感は高いです。

 

 

 

 

豚薄切り肉や椎茸、筍などの具材。

トロミのついたスープに溶き卵と共に入っています。

 

 

 

 

写真だと判かり難いですが、透明な細いものはフカヒレでしょうか?

白髪葱も入っています。

 

 

 

 

麺とワンタンを食べ終えたので、穴あきレンゲで溶き卵や他の具材を頂きます。

色々入っているので、具材だけでも結構楽しめます。

 

 

 

 

スープを味わいます。

鶏ガラベースのスープに恐らく黒酢と思われる酸味が加わり、そこに自家製ラー油の辛さが合わさって、とても美味しいです。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「揚州商人」の「激辛酸辣湯麺」でしたが、チェーン店とは言えこの味は凄いと思います。

鶏ガラベースのスープと黒酢、自家製ラー油の旨さと、刀切麺の食感と旨さが合わさり、溶き卵や具材と共に絶妙な旨味になっています。

こと「酸辣湯麺」に関しては、今の所ここが一番旨い様な気がします。

サイドメニューの小籠包もオススメですし、次女が食べていたレタスチャーハンも美味しかったです。

点心系や一品料理も有るので、ちょっと一杯お酒を飲みながらつまむのにも良いです。

〆のラーメンまで有るので、移動しなくても済むのも良い所です。

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング


関連ランキング:ラーメン | 相模大野駅