広告

スポンサーリンク


どうも、Mormorです!

 

今日は近くまで行ったので、湘南台に有る「53’s Noodle」さんに行って来ました。

前回は1昨年の9月だったので、1年半振りの訪問です。

 

 

 

 

11:30の開店直前に着いて9番目。

店内待ちの1番でした。

 

 

 

 

丁度待合席の目の前に冷蔵庫が有り。営業時間やテイクアウトのお知らせが貼ってありました。

土曜日の夜のみ営業の「ラーメン倉家」の営業時間もあります。

 

 

 

 

こちらは注文制なので、待ちながらメニューを見て何を食べるか考えます。

今日は暖かいので、「煮干水のつけそば」にする事にしました。
つけ汁は「真鯛」にしました。

 

 

 

 

準備が出来たので、カウンター席に座りました。

カウンターの前にもメニューが有ります。

 

 

 

 

混んで居たので、待つ事20分程で「煮干水のつけそば『真鯛』」が着丼。

見た目もキレイです。

 

 

 

 

自家製麺の中細ストレート麺。

ツブツブが見えるので全粒粉入りでしょうか?
水で締めた麺は、コシと歯応えが有って美味しい麺です。

煮干水には白醤油が入っており、「それだけでも食べられます」との事でしたが、確かにこのまま全部食べられそうな感じです。

 

 

 

 

でも、折角なので「真鯛」スープに浸して食べてみます。

煮干水だけでも十分食べられる位の味なので、「真鯛」スープに干渉するのでは無いかと危惧していましたが、杞憂に終わりました。

煮干水が「真鯛」スープの風味と混ざったり、干渉してしまう事は殆ど無く、鮮魚系らしい「真鯛」の味がします。

流石に後半になってくると、かなり煮干水が入って来るので、ちょっと煮干風味になりますが、それでも鮮魚系っぽい「真鯛」らしさはしっかり残っています。

店主の五味さんは「超純水彩麺 天国屋」さんで修行している時から鮮魚系を得意にしていて、土日には五味さんの限定メニューが出されていました。

 

 

 

 

花の様に綺麗に盛り付けられたレアチャーシュー。

広げてみると、1枚でこれ位大きなものです。
ローストビーフっぽい感じで、しっとり感が有り、優しい味付けのチャーシューです。

これだけ食べても美味しいですし、麺と一緒に食べても旨いです。
また「真鯛」スープに浸しても美味しく頂けます。

 

 

 

 

太めのメンマ。

ザクザクっとした食感で、味も適度で美味しいメンマです。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えて、スープ割りが有るかどうか聞いてみました。

すると「基本的には煮干水でスープを割る事を想定していますが、温かいスープが宜しければ温かいスープで割ります」との事。

 

 

 

 

確かに、煮干水でスープを割っても良さそうです。

しかし、温かいスープが飲みたかったので、温かいスープをお願いしました。

 

 

 

 

温かいスープで割って貰った「真鯛」スープ。

やはり温かい方が飲み易く、美味しい気がします。

 

 

 

 

と言う訳で、スープも完飲です。

53’s Noodle」さんの「煮干水のつけそば『真鯛』」でしたが、素晴らしく旨い一杯でした。

煮干水に白醤油が入っているので、薄味とは言えそこそこに味がついており、そのままでも麺を食べる事が出来ます。

鮮魚系の「真鯛」スープに浸すと、煮干水が洗われて「真鯛」の鮮烈な味に変わり、とても美味しく頂けます。

煮干水/「真鯛」スープのどちらも美味しくて、あっという間に麺がなくなります。

また自家製麺の中細ストレート麺自体の旨さも有り、レアチャーシューやメンマなどの具材も抜かり無く仕上がっています。

鮮魚系を得意とする五味さんならではの素晴らしい仕上がりのスープは、スープ割りして最後まで飲み干せる程旨いです。

平日にも関わらず、開店前から人が並ぶだけの事は有ります。

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

 

関連ランキング:ラーメン | 湘南台駅