広告

スポンサーリンク


どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は先月オープンした、鵜森の「らぁ麺 はやし田 相模原鵜野森店」に行って来ました。

緊急事態宣言解除直後から奥様の実家に帰省していたので、久しぶりのラーメンです。

 

 

 

 

夜来たのは初めてですが、19:30頃来たら割と空いています。

お昼は混むので、夜の方が並ばずに食べられそうです。

 

 

 

 

券売機の写真を取り損ねたので、券売機は前回の写真です。

残念ながら、この時間だと「煮干そば」は売り切れでした。
消去法で未食の「特製つけ麺」にしました。

奥様と子供たちは「醤油らぁ麺」にしました。

 

 

 

 

カウンター席は高い位置の厨房の下に有ります。

レイアウト的には「ずんどう屋」時代と変わっていない様です。

 

 

 

 

テーブル席に案内されました。

4人掛けのテーブル席は、窓の桟の部分にコップや水、ティッシュ、箸が置かれています。

 

 

 

 

まずは子供達の「醤油らぁ麺」と奥様の「味玉醤油らぁ麺」が着丼。

綺麗なビジュアルが「はやし田」らしいです。

 

 

 

 

続いて私の「特製つけ麺」が着丼。

「特製」だけにチャーシュー2種x2枚と味玉が載っています。

 

 

 

 

麺は平打ちの中太麺。

前回食べた「まぜそば」と同じ麺かと思いましたが、麺の透明感が違い、歯応えや味も違う気がします。
太さは変わらない様ですが、小麦の配合が違うのかもしれません。

「まぜそば」よりもツルシコ食感になっており、つけ麺に合った麺質になっています。

 

 

 

 

スープに浸してみます。

スープそのものは「醤油らぁ麺」同様に、鴨と大山鶏の丸鶏を使用したスープをベースにしている様です。

丸鶏ベースのスープに鴨独特の風味が加わり、鶏だけよりもコクの有る味に仕上がっています。

INGSグループらしい、とても洗練された仕上がりです。

 

 

 

 

レアチャーシュー。

前回食べた「まぜそば」では短冊切りでしたが、「つけ麺」はスライスされています。

生ハムの様な食感と味で、そのまま食べてもスープに浸しても美味しいです。

 

 

 

 

鶏胸肉チャーシュー。

鶏胸肉の低温調理チャーシューで、しっとり感の有る美味しいチャーシューです。

 

 

 

 

穂先メンマ。

「まぜそば」や「煮干らぁ麺」を除き、「はやし田」のメンマは基本穂先メンマです。
柔らかくて適度な味付けのメンマです。

 

 

 

 

味玉。

黄身がゼリー状の半熟で、味も適度な美味しい味玉です。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えました。

折角なので「鶏茶漬けセット」¥200を現金で追加オーダーしました。

 

 

 

 

こちらが「鶏茶漬けセット」。

ご飯に少量のお出汁と解した鶏肉、刻みネギが載っています。
トッピングの山葵漬けとバラ海苔が付いて来ます。

 

 

 

 

「つけ麺」のスープを掛けて頂きます。

スープで割らなくても、そんなに塩分が強く無いので大丈夫です。

 

 

 

 

山葵漬けとバラ海苔を載せて「鶏茶漬け」の完成です。

見るからに旨そうなビジュアルです。

 

 

 

 

スープに浸ったお米がとても美味しいです。

鶏と鴨のスープをより味わう事が出来ます。
量的にもそれ程多く無いので、ちょっとだけ食べ足りない時にピッタリです。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

ちょっと勿体ないと思いましたが、塩分とカロリーを考えてスープは完飲しませんでした。

「はやし田」の「特製つけ麺」でしたが、INGSグループらしい、とても洗練された一杯でした。

スープ、麺、具材のどれを取っても抜かりの無い仕上がりで、とてもクオリティが高く、チェーン店としてはズバ抜けた旨さを持っています。

接客やオペレーションに関しても高いクオリティで、そう言った意味でも死角が有りません。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 町田駅相模大野駅古淵駅