広告

スポンサーリンク


どうも、Mormorです!

今日は先日通販で取り寄せた、「すごい煮干ラーメン凪」の「すごい煮干ラーメン」を作ってみました。

前回は昨年6月に取り寄せているので、1年ぶりになります。
本当はCovid-19が収束していればお店の方に伺って食べたかったのですが、よもや1年以上に渡って続くとは、昨年の段階では夢にも思いませんでした。

 

 

 

 

まずはスープの湯煎から。

ちなみにこの時具材や付属のタレも一緒に温めておくと良いです。
但し2〜3分で上げた方が良いです。

 

 

 

 

続いて麺を茹でます。

これだけの太麺ですが、茹で時間は3〜5分との事。
間を取って3分半程茹でました。

 

 

 

 

温まったスープを丼に入れて湯切りした麺を入れ、トッピングを載せて完成です。

九条ネギと味玉は足しましたが、あとはパッケージに含まれています。

 

 

 

 

まずはスープから。

久しぶりに食べましたが、

丼1杯に約20種類の煮干70gを入れた

と言うスープは煮干感全開で、ガツンと来る感じです。

「丿貫」の「煮干しそば」もガッツリ濃厚煮干しですが、味のパンチは一枚上手です。

 

 

 

 

凪独特の極太麺。

モチモチの食感で、コシの強い麺です。
小麦の風味もしっかりします。

超濃厚煮干しスープに負けない、極太の麺です。

 

 

 

 

凪名物「いったん麺」。

超幅広の「いったん麺」。
具の無いワンタンの様な感じで、とても美味しいです。

ちなみにお店だと「いったん麺」を増量する事も可能です。

 

 

 

 

香ばしいバラチャーシュー。

炙ってあって、とても柔らかいチャーシューです。
味は濃いめですが、超濃厚スープには良く合っています。

 

 

 

 

細切りのメンマ。

これも濃いめの味付けで、超濃厚スープに良く合います。

 

 

 

 

付属のタレを絡めて麺を頂きます。

お店で食べるのと同様に、煮干しが香るあの甘辛いタレの味で、再現度はとても高いです。

 

 

 

 

自作の半熟味玉。

今日は黄身がトロトロの半熟に仕上がりました。
和風出汁の味は超濃厚煮干しスープにも良く合いました。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えて、スープを味わいます。

一杯分で煮干し70gと言う超濃厚煮干しスープは、苦味もエグ味も全てひっくるめた煮干し全開の味で、唯一無二のスープです。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

すごい煮干ラーメン凪」の「すごい煮干ラーメン」でしたが、名前の通り「すごい煮干し」でした。

超濃厚煮干しスープは苦味もエグ味も全部入りで、濃い醤油味がその全てを力づくでまとめ上げている様な印象です。

その力強いスープに負けない極太麺と、「凪」らしい「いったん麺」、そして甘辛い「タレ」が単調になりがちな味を引き締めています。

具材の豚バラチャーシューや細切りのメンマも抜かり無い仕上がりですが、洗練された味では無い荒々しさが「すごい煮干しラーメン」らしさを出しています。

有無を言わさぬ強引さと、超濃厚スープ+極太麺と言う力づくの味を、破綻せずにまとめ上げているのが「すごい煮干しラーメン」だと思います。

唯一無二の味だけに、定期的に食べたくなる味です。

 

 

こちらを是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 新宿三丁目駅西武新宿駅新宿西口駅