広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日はTwitter情報で限定の「徳島風中華そば」が提供されるとの事で、長津田の「十人十色」さんに行って来ました。

先日「徳島風中華そば」が提供された時は、土曜日で休みでは無かったので行かれませんでした。

 

 

 

 

Twitterの告知。

「徳島風中華そば」が「もうすぐ終了!?」とあったので、これは行かない訳には行きません。

 

 

 

 

まずは入口右手の券売機で食券を購入します。

この日の限定は「徳島風中華そば」¥1,000と「天城黒豚背脂醤油らーめん」¥900、準レギュラーの「王様中華そば」¥900の3つ。

無論「徳島風中華そば」¥1,000にしましたが、有れば頼む「悪魔肉」¥200は今日は載っているので、トッピングは「ワンタン」¥200にしました。

 

 

 

 

ラーメンの前に、「七味唐辛子」が来ました。

徳島ラーメンは甘塩っぱい濃厚スープなので、七味唐辛子は良く合いそうです。

 

 

 

 

待つ事7〜8分で、「徳島風中華そば」+「ワンタントッピング」が着丼。

徳島ラーメンっぽく、生卵が載っています。

 

 

 

 

まずはスープから。

以前、ラーメンイベントで頂いた徳島ラーメンは、濁った濃厚スープに濃いめの醤油の甘塩っぱいスープでした。

感じとしては「肉玉そば」がそれに近いです。

対して、「十人十色」さんの「徳島風中華そば」は、甘塩っぱいスープでは有るものの、ベースは清湯スープで濃い味では無く、サッパリ系の上品な徳島ラーメンと言った感じです。

「吉凛」の「肉そば」が近い感じの味です。

 

 

 

 

麺は中細麺。

丸断面のツルツル食感の麺で、がんこ御用達のサッポロめんフーズ製だと思われます。

この麺が思いの外徳島ラーメン風のスープと良く合っています。

 

 

 

 

悪魔肉。

元々甘塩っぱい味付けなので、甘塩っぱい徳島ラーメン風のスープに良く合います。

 

 

 

 

トッピングのワンタン。

シンプルなワンタンながら、茹で加減が絶妙で、生姜の効いた餡が旨いワンタン。
徳島ラーメンに合うかどうか心配でしたが、ベースのスープが「十人十色」さんの清湯スープな上、醤油も徳島ラーメンの様な濃厚な味では無いので、ワンタンにとても良く合っていました。

 

 

 

 

穂先メンマ。

徳島ラーメンの様な濃厚なスープには合いそうも無い穂先メンマですが、「十人十色」さんのサッパリ系の醤油清湯スープにはとても良く合います。

 

 

 

 

ここで、卵黄を溶いてみます。

徳島ラーメンや「肉玉そば」や「肉そば」も卵黄を溶いて食べるので、この「徳島風中華そば」も卵黄を溶けばまろやかになるのでは無いかと思います。

 

 

 

 

卵黄を溶いて、悪魔肉と麺を一緒に味わいます。

甘塩っぱい味付けの悪魔肉と、甘塩っぱい徳島ラーメン風のスープは言うまでも無く相性バッチリです。

 

 

 

 

途中味変で、七味唐辛子を掛けてみました。

甘塩っぱい徳島ラーメンには七味唐辛子が合うので、「徳島風中華そば」にも恐らく合うと思います。

 

 

 

 

味変後の麺を味わってみます。

予想通り、甘塩っぱいスープに七味唐辛子は良く合います。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えて、スープを味わいます。

「十人十色」さんの吉備黄金鶏、天城黒豚、北海道産帆立貝柱、平子煮干、ウルメ煮干、鯵煮干、鯖節等のスープに、甘塩っぱい味付けの「徳島風中華そば」のスープは、サッパリながら奥深い味です。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

塩分制限さえ無ければ、完飲したかった程旨いスープです。

「十人十色」さんの「徳島風中華そば」でしたが、甘塩っぱい「悪魔肉」が絶妙にマッチする、個人的には大好きな一杯でした。

「十人十色」さんの自慢のレギュラースープに甘塩っぱい味付けのタレで、「悪魔肉」が良い仕事をしています。

ツルシコ食感のサッポロめんフーズ製の中細麺も、このスープにとても良く合っています。

「もうすぐ終了!?」との事ですが、個人的には準レギュラーもしくは季節限定位にして欲しい一杯でした。

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 長津田駅田奈駅