広告

スポンサーリンク


どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は、Twitter情報で「イシモチ煮干し味噌らーめん」が提供されるとの事で、小田急相模原の「石山商店」さんに行って来ました。

今月の限定は元々味噌ラーメンが予定されていましたが、店主の武田さんが体調を崩してしまい、やむを得ず「イシモチ煮干しらーめん」、「うるめいわしの煮干し」で行く事になりました。

体調が戻って、納得の行く味噌らーめんが作れる様になった様で、今日の「イシモチ煮干しの味噌らーめん」が出来た様です。

 

 

 

 

Twitterの告知。

本来今月提供予定だった味噌らーめんを、武田店主が納得の行くモノになったと言う事だと思うので、これは行くしか無いでしょう。

 

 

 

 

お店の前の掲示は、当然今月の限定の「イシモチ煮干しらーめん」です。

味噌はゲリラ限定なので、此処には掲示されていません。

 

 

 

 

店内の写真付きメニューでも限定は「イシモチ煮干しらーめん」です。

Twitterを見ていないと、「味噌」の存在は分かりません。

 

 

 

 

まずは入口右手の券売機で食券…の値段を確認します。

一緒に行った奥様は「つけ麺」¥800+「味玉」¥100、私は「限定メニュー」¥850と「ミニチャーシュー丼」¥350にしました。

PayPayで支払いました。

 

 

 

 

待つ事7〜8分程で、奥様の「つけ麺」+「味玉」が着丼。

奥様は麺量が多いと言っていましたが、一般的に「つけ麺」は麺量多めの所が多いです。

 

 

 

 

続いて私の「イシモチ煮干しの味噌らーめん」が着丼。

たっぷりの刻み玉ねぎが載り、ブラックペッパーが掛かっています。

 

 

 

 

まずはスープから。

イシモチ煮干しが香るスープは、少し酸味の有る味噌味で、イシモチ煮干しと味噌の旨味でとても美味しいスープです。

一般的に味噌ラーメンに合わせられるのは、一味や七味などの唐辛子系が多いですが、敢えてブラックペッパーを合わせた辺りに武田店主の非凡さを感じます。

 

 

 

 

麺は中細縮れ麺。

菅野製麺製の麺で、加水率高めのツルシコ食感の麺です。
札幌ラーメンの麺に近い感じで、味噌味スープに良く合っています。

 

 

 

 

香ばしく炙られたチャーシュー。

薄手ながら、炙った香ばしさとしっとりとした食感が有り、とても美味しいチャーシューです。

 

 

 

 

大きな鶏団子。

生姜の風味が味噌味スープと良く合っていて、とても美味しいです。

 

 

 

 

水菜。

イシモチ煮干しの香る味噌味スープが水菜のシャキシャキ感ととても良く合います。

 

 

 

 

たっぷりの刻み玉ねぎを絡めて麺を頂きます。

ツルシコ食感の麺と味噌味スープに、刻み玉ねぎの爽やかさがとても美味しいです。

 

 

 

 

「ミニチャーシュー丼」。

香ばしく炙ったチャーシューの下には、魚粉と胡麻油とタレが掛かったご飯が有って、チャーシューとご飯を一緒に食べるととても美味しいです。

 

 

 

 

味噌味スープを「ミニチャーシュー丼」に注いで、雑炊風にして頂きます。

イシモチ煮干しが香る味噌味スープはご飯との相性が抜群で、とても美味しいです。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「石山商店」さんのゲリラ限定「イシモチ煮干しの味噌らーめん」でしたが、武田店主が納得の行く味噌らーめんを作れただけ有って、とても美味しい一杯でした。

「イシモチ煮干しらーめん」ですら美味しいのに、そこに旨味たっぷりの味噌を使ったスープなので、旨く無い訳が有りません。

ツルシコ食感の麺も、このスープに良く合っています。

具材の香ばしく炙られたチャーシューや生姜の香る鶏団子、そして水菜も味噌味スープに良く合っています。

そして香ばしく炙られたチャーシューがたっぷり載った「ミニチャーシュー丼」に味噌味スープを掛けて雑炊風にすれば、スープの旨味をとことん味わえます。

麺と組み合わせても美味しいですが、味噌味スープとご飯との相性は、どのラーメンスープよりも旨いです。

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 小田急相模原駅