広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

今日は、先日宅麺.comで、「真ラーメン祭り 絆 in 宅麺.com」で、「手打 焔」の「限定リスペクトラーメン」を入手したので、作ってみました。

手打 焔」は那須塩原に有る有名店で、以前小田急百貨店の催事で食べた事が有ります。
白河の有名店「火風鼎」の息子さんのお店です。

あの「手打 焔」が作る二郎リスペクトと来れば、これは食べない訳には行きません。

 

 

 

 

パッケージの中身はこんな感じです。

極太の手打ち麺とスープ、そしてスープにはチャーシュー(二郎系ではブタ)が入っています。

 

 

 

 

二郎系と言う事で、ヤサイは必須です。

キャベツとモヤシを茹でておきます。

 

 

 

 

スープは湯煎時間10〜15分との事で、早めに湯煎しておきます。

白っぽいのは脂でしょうか?

 

 

 

 

ややクタに茹でたヤサイ。

キャベツがモヤシの上に載っているので多く見えますが、モヤシ2:1キャベツ位の比率です。

 

 

 

 

極太麺はオーション使用の本格派です。

茹で時間は4〜7分との事で、5分で様子を見て、芯が無かったのであげました。

 

 

 

 

ザルにあげて湯切りします。

極太麺は表面がデコボコしていて、確かに「手打 焔」の麺です。

 

 

 

 

スープを丼に注ぎ、麺を入れてヤサイやブタ、ニンニクを盛り付けて完成です。

ヤサイで麺もスープも見えません・・・

 

 

 

 

まずはスープから。

混ぜていないのでニンニクが混ざる前ですが、醤油とみりんの風味で甘めの味がします。

 

 

 

 

食べるには天地返しが必須なので、天地返ししました。

極太手打ち麺が顔を出します。

 

 

 

 

オーションを使用した極太麺。

見た目に違わずワシワシ食べるタイプの麺ですが、モチっとした食感と小麦の風味が濃くて、思わず「旨い!」と声が出てしまう程旨いです。

手打 焔」の麺は旨い麺ですが、このオーション麺は別格の旨さです。
天地返しでニンニクも混ざり、スープも良い感じに乳化して、激ウマになりました。

 

 

 

 

分厚い「ブタ」。

ホロホロに崩れるほど柔らかいですが、味が濃くて、ヤサイと一緒に食べるとメチャメチャ旨いです。

 

 

 

 

ヤサイ。

狙い通りややクタに茹で上がり、「ブタ」や麺と一緒に食べると激ウマです。

 

 

 

 

アッと言う間に麺と具を食べ終えたので、スープを堪能します。

初めとは打って変わってかなり乳化したスープは、本来の旨さが出て、豚の旨味とカネシ醤油とみりんの旨さ爆発です。

ニンニクもガッツリ効いているので、ジャンク感満載ながら激ウマなスープになっています。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

今まで幾つかインスパイア系を食べましたが、その中でもダントツの旨さで有る事は疑い無いです。

スープの旨さも「野猿二郎」に近く、真に迫った旨さです。
極め付けはオーション使用の極太手打ち麺。

この麺は今まで食べた手打ち麺の中でも出色の出来で、これ程旨い麺を食べた事が無いと思える程の旨さで、「恐ろしい程旨い」と表現したくなる旨さでした。

手打 焔」さんのラーメンは、麺だけでなくスープ、具材もレベルが高く、トータルで非常に高いクオリティの一杯でしたが、この「限定リスペクトラーメン」も素晴らしい仕上がりです。

手打 焔」の打った極太麺で二郎系ラーメンを食べてみたいと言う夢を、現実化した一杯。

まさに至高の一杯でした。

 

 

こちらを是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 黒磯駅那須塩原駅