広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

今日は、先日宅麺.comで、「真ラーメン祭り 絆 in 宅麺.com」で、「中華蕎麦 とみ田」の「つけ麺2020 本店仕様」を入手したので、作ってみました。

「中華蕎麦 とみ田」は池袋西武の催事で「厳選素材の中華そば」、Kitteの「松戸富田麺絆」、市販の「つけ麺 魚介豚骨醤油味」などを食べましたが、本店で食べた事は無いので、楽しみです。

 

 

 

 

パッケージの中身はこんな感じです。

「とみ田」さんは自社のHPでも販売しているので、パッケージに名前が入ってます。

違いは「本店仕様」と書いてあります。

 

 

 

 

スープは10〜15分湯煎します。

スープの袋の中には、2種類のチャーシューと極太のメンマも入っています。

 

 

 

 

麺の茹で時間は、なんと15〜20分!

過去最長の茹で時間で、太麺のうどんと同じ位の茹で時間です。

 

 

 

 

スープと具材を小丼に移し、湯切りして水で締めた麺を丼に入れ、ネギや海苔、味玉を載せて出来上がりです。

流石にナルトや柚子は用意出来なかったので、そこは妥協しました。

 

 

 

 

まずは麺をそのまま食べてみます。

極太で、蕎麦の様に濃い色の麺は、モチモチの食感で歯応えが有り、芳醇な小麦の風味がします。

非常に力強い麺です。

 

 

 

 

続いて、麺をスープに浸して食べてみます。

まずは麺を取って・・・

 

 

 

 

濃厚なスープに浸します。

濃厚な豚骨スープに魚介を合わせた「濃厚豚骨魚介スープ」。
本店仕様は、「厳選した超希少な生醤油のみをブレンド」と言う事で、濃厚豚骨魚介のスープに深みのある醤油が合わせられています。

以前「松戸富田麺絆」で食べた「濃厚つけ麺」よりも甘みを感じられるスープで、「東池袋大勝軒」の「もりそば」を彷彿とさせます。

 

 

 

 

モモチャーシュー。

肉感たっぷりで、肉の旨味が味わえる旨いチャーシューです。
火の通し加減が絶妙で、硬くも無く柔らかくも無く、丁度良い食感です。

 

 

 

 

バラチャーシュー。

こちらはとても柔らかく、脂の甘みを生かした味付けになっています。

 

 

 

 

極太のメンマ。

以前「松戸富田麺絆」で食べた「濃厚つけ麺」と同様の材木メンマ。
「濃厚豚骨魚介スープ」には極太メンマが合います。

 

 

 

 

海苔をスープに浸します。

無論、海苔巻き麺にするためです。

 

 

 

 

「海苔巻き麺」と言っても、本当に巻ける程大きく無いので、被せる感じです。

「濃厚豚骨魚介スープ」と極太麺の小麦の風味、そして海苔の磯感が加わって、とても美味しいです。

 

 

 

 

オススメトッピングに有ったので載せた、自作の半熟味玉。

やはり「濃厚豚骨魚介スープ」に半熟味玉は良く合います。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えたので、「スープ割り」ならぬ「お湯割」しました。

あまり薄め過ぎない様に注意です。

 

 

 

 

流石は「とみ田」のスープ、豚骨の旨味と魚介の旨味がたっぷりです。

醤油も甘みの有る味で、合わせ方が絶妙です。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「中華蕎麦 とみ田」の「つけ麺2020本店仕様」でしたが、「とみ田」らしい豪快さと繊細さを併せ持つスープと麺は健在でした。

本店仕様という事で、以前「松戸富田麺絆」で食べた「濃厚つけ麺」よりも更に進化しています。

茹で時間が20分も掛かる極太麺も、「とみ田」ならではの小麦の配合と加水率で、絶妙な食感と旨さを両立しています。

これをお取り寄せで食べられるのは、本当にありがたいです。
来年、松戸で「真ラーメン祭り 絆」が開催されても、通販してもらえるとありがたいです。

 

 

こちらを是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 松戸駅