広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

今日は通販で取り寄せた、大阪高槻の「彩色ラーメン きんせい」の「あわせあじ」を作ってみました。

スープ、麺、チャーシューのセットです。
スープにはメンマが入っています。

 

 

 

 

まずはスープの湯煎から。

スープの湯煎時間は沸騰後5〜6分。

 

 

 

 

麺の茹で時間は1分20秒〜1分50秒。

先にスープを丼に注いでおいて、麺を揚げます。

 

 

 

 

麺をスープの入った丼に入れて、トッピングを載せて完成です。

味玉と九条ネギは後から足しました。

 

 

 

 

まずはスープから。

豚骨+鶏ガラスープと言う点は、「中華そば うめや」の「中華そば」と同様ですが、比率が全く違っていて、豚骨の比率が遥かに多いです。

なので、濃厚なスープはパンチの有る魚介出汁と共に、豚骨がガツンと来ます。

 

 

 

 

自家製麺の中細麺。

かなり歯応えの有る麺で、パツンと言う食感と共に、小麦の風味がします。

 

 

 

 

3枚入っているバラチャーシュー。

柔らかくて、適度な味付けのチャーシューで、脂の甘みが味わえます。

 

 

 

 

メンマ。

しっかりめの歯応えのメンマは、適度な味付けで、スープと良く合います。

 

 

 

 

自作の半熟味玉。

丁度2日目で、丁度良い味浸みでした。

 

 

 

 

改めてスープを味わってみると、豚骨と鶏ガラベースのスープに醤油味という、家系ラーメンと同じ構成ながら、全く違う味に仕上がっています。

魚介出汁が効いているのももちろんですが、豚骨メインなのにクドくならないキレの有るスープである事が特徴です。

 

 

 

 

という訳で、完食。

「彩色ラーメン きんせい」の「あわせあじ」ですが、名前の通り、豚骨+鶏ガラの動物系スープに、6種類の乾物を使用したスープは、ガツンと来る魚介出汁と、濃厚ながらキレの有る動物系スープが特徴です。

パツンとした食感と、小麦の風味が感じられる自家製中細麺も秀逸です。

具材のチャーシュー、メンマも抜かりありません。
総じてとても良くまとまったラーメンだと思います。

 

 

 

 

こちらも是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 富田駅摂津富田駅総持寺駅