広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

今日は通販で取り寄せた、「琴平荘」の「中華そば 塩」を奥様に作ってあげました。

前回は「中華そば あっさり」を食べて激ウマだったので、とても楽しみです。

 

 

 

 

お湯を沸かして、丼を温めながら具材を湯煎します。

火が通り過ぎない様に気をつけて湯煎します。

 

 

 

 

スープを湯煎します。

湯煎時間は10分です。

 

 

 

 

続いて麺を茹でます。

麺の茹で時間は約2分。
麺を茹でておいて、スープを丼に注いでおきます。

 

 

 

 

茹で上がった麺を湯切りして、丼のスープに入れて、トッピングを載せれば完成です。

透き通ったスープから、煮干の香りがします。

 

 

 

 

まずはスープから。

鶏の旨味が出ていて、そこに魚介の旨味が重なっているスープは、醤油味の時よりも更に出汁の旨味を感じられます。

ハヤリの「丸鶏と水のスープ」とは違う、重ね合わせの旨さが有ります。

 

 

 

 

麺は中太縮れ麺。

自家製麺の麺は、手揉み麺の様に少し縮れていて、モチモチ食感で小麦の旨さを感じさせてくれる麺です。

 

 

 

 

自家製のメンマ。

少し硬めに戻した様なメンマで、独特の食感と絶妙な味付けが特徴です。

 

 

 

 

チャーシュー。

大きなチャーシューが2枚入っています。
煮豚系のチャーシューですが、柔らかく、味付けがスープとドンピシャに合っていて、実に旨いです。

 

 

と言う訳で、「琴平荘」の「中華そば 塩」でしたが、予想通り、と言うか予想を上回って旨い一杯でした。
鶏と豚、そして魚介の重層的なスープは非常にバランスされた味で、塩味がそのスープの旨さをしっかり引き出しています。

更に自家製麺の麺の旨さ、具材も抜かりなく、全体的に見ても高いレベルで纏まっています。

山形県と言う事で、今の状況ではおいそれとは行かれませんが、取り寄せて食べられるのはありがたい事です。

 

こちらも是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 三瀬駅小波渡駅