広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

Twitter情報で、ワンタン麺を始めたとの事で、行って来ました。

前回行ったのが2020年3月23日だったので、5ヶ月ぶり位の訪問です。

 

 

 

 

Twitterの告知。

ワンタン好きとしては、ワンタンだけでも全然OKなのですが、ワンタン麺が有ると聞いたら行かない訳には行きません。

 

 

 

 

と言う訳で、12:30頃到着。

相変わらず手作り感満載の看板&掲示です。

 

 

 

 

「ビンビールありますよ」が良い味出してる立て看板。

「白飯&肉ワンタンセット(10個)」¥650はかなりのコスパです。

 

 

 

 

店内のメニュー。

前回より大分増えました。
ワンタンセットのワンタンの数が2個→3個や4個→5個へと増えています。

 

 

 

 

壁の方にもメニューが貼ってあります。

テイクアウトメニューもあります。
春巻きも増えています。

 

 

 

 

店内は特にCovid-19対策をしていない様に見えますが、消毒用アルコールは設置されています。

今回もカウンターの一番奥に座りました。

 

 

 

 

卓上調味料にも変化は無い様です。

前回有った七味唐辛子は、恐らく隣の席に移動しているだけだと思われます。

 

 

 

 

相変わらず家庭用コンロが並ぶ厨房。

テボが入っているのも普通の鍋です。

 

 

 

 

待つ事7〜8分で、「ワンタン麺」が着丼。

中細縮れ麺の上にワンタン5個と鶏チャーシュー2枚、白髪葱、水菜、ナルトが載っています。

 

 

 

 

まずはスープから。

恐らく前回同様にとても薄味の鶏ガラスープと思われるものです。

 

 

 

 

麺は中細縮れ麺。

茹でる所を見ていましたが、市販の中華麺を使用している様です。
茹で加減は比較的柔らかめで、加水率高めのツルツル食感ですが、柔らかい感じの麺です。

 

 

 

 

鶏チャーシュー。

鶏モモ肉でしょうか?出汁で煮た様な感じのチャーシューです。

 

 

 

 

肉ワンタン。

相変わらず皮はモチっと、しっかり詰まった餡は生姜とニラの香りがして、しっかり味が付いているので美味しいです。

 

 

 

 

小さなナルト。

これが有ると一気にラーメンっぽくなります。

 

 

 

 

たっぷり載った白髪葱。

淡白な味のスープですが、麺とネギを一緒に食べると良い感じになります。

 

 

 

 

水菜。

一番上に少しだけ載っています。

 

 

 

 

ここで自家製辛味噌を投入。

かなり辛そうなので、少量取って試してみます。

 

 

 

 

辛味噌を麺に載せてみます。

このままだと辛いので、スープに良く混ぜます。

 

 

 

 

スープに溶けた辛味噌。

少量なので、色的にはそれ程でもありません。

 

 

 

 

肉ワンタンを食べてみます。

思ったよりピリッと辛く、少量で丁度良い感じです。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「ワンタン屋 キョウ」さんの「ワンタン麺」ですが、非常に淡白なスープなので、卓上の醤油を足したい衝動に駆られますが、肉ワンタンと麺を一緒に食べると、ワンタンのしっかりした味付けのお陰で美味しく食べられます。

やっぱり「ワンタン屋 キョウ」さんの真骨頂はワンタンですね。
個人的には「中国風角煮丼+ワンタンセット(3個)」¥800に追加ワンタン3個を加えるのがベストかな?と言う気がします。

しかし日本人には「ワンタン麺」の方が馴染みが有るので、メニューにワンタン麺を追加したのは正しい選択だと思います。
これで人気が出ると良いですね。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


グルメランキング

 

関連ランキング:中華料理 | 小田急相模原駅