広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

今日は通販で取り寄せた、「赤坂麺処 友」の「芳醇あごだし醤油らーめん」を作ってみました。

前回は昨年5月に7周年記念で訪問して以来なので、1年4ヶ月ぶりに食べました。

以前は赤坂に勤めていたので、2週間に一遍位通っていました。

 

 

 

 

まずはスープを湯煎します。

スープの湯煎時間は約8分です。

 

 

 

 

次に麺を茹でます。

麺の茹で時間は2分半〜3分半です。

 

 

 

 

丼にスープを注ぎ、湯切りした麺を入れて、具材を載せれば出来上がりです。

メンマとチャーシューはセットのもので、九条ネギ、味玉、海苔は別途用意しました。

 

 

 

 

まずはスープ・・・の筈が写真を取り損ねると言う失策・・・orz

と言う訳で、気を取り直して麺を頂きます。
中太ストレート麺はツルモチ食感で、小麦の風味のする麺です。

スープは濃厚ながらあご出汁の優しい味で、クドさは一切有りません。
旨味の凝縮されたスープは、あご出汁のスープとしては1・2を争う旨いスープです。

 

 

 

 

バラチャーシュー。

嬉しい事にお店で出しているチャーシューそのままのバラチャーシューが入っています。

「友」のチャーシューは元々箸で持ち上げるのが困難な程柔らかい、煮豚系のチャーシューで、バラ肉ながら脂っぽさは一切無く、味付けも優しいあご出汁のスープを邪魔しない適度な味付けです。

 

 

 

 

材木メンマ。

太いメンマですが、柔らかく煮られており、味付けもあご出汁スープに良く合う優しい味付けです。

 

 

 

 

海苔。

お店のラーメンにも載っていますが、あご出汁スープには海苔が良く合います。

 

 

 

 

スープに浸して麺を包んで海苔巻き麺にして頂きます。

優しいあご出汁の味と海苔の風味、そして麺の小麦の風味がマッチして、とても美味しいです。

 

 

 

 

自作の味玉。

今回は少し茹で過ぎた様で、ほぼ固茹でになってしまいました。
しかしながら味の方は和風出汁で仕上げて有るので、あご出汁スープに良く合います。

 

 

 

 

味変する前に、ベースのスープを味わいます。

豚骨ベースのあご出汁醤油スープは、表面の香味油が冷めると膜が張る程濃厚ですが、クドさは一切無く、優しい味のあご出汁が存分に味わえる旨いスープです。

 

 

 

 

味変用の自家製ラー油。

お店のラーメンだと小さな小鉢で提供されます。
花椒が効いており、かなりの辛さで、1〜2滴垂らしただけで味が激変する程です。

 

 

 

 

蒙古タンメン中本」の「北極やさい」を食べ慣れているとは言え、油断のならない辛さです。

ボトルの半分位を投入してみました。

 

 

 

 

先程までの優しくてクリーミーな味が激変して、唐辛子の辛さと花椒のシビレを感じるピリ辛スープになっています。

麺を食べてみると、完全に辛い味のラーメンになっています。

と言う訳で、「赤坂麺処 友」の「芳醇あごだし醤油らーめん」でしたが、お店の味そのままで、激ウマな一杯でした。

豚骨ベースで、あれだけスッキリした味に仕上がっているのは驚きです。

知っている限り、あご出汁のラーメンの中でも1・2を争う旨さである事は間違い無いと思います。

 

 

 

こちらも是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 赤坂駅溜池山王駅国会議事堂前駅