広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は限定の「ナマナマパイン」を食べに、町田の「パパパパパイン」さんに行って来ました。

いつものパインラーメンの数倍のパイン感です

との事で、どんな感じかとても楽しみです。

 

 

 

 

まずは入口右手の券売機で食券を購入します。

「ナマナマパイン」は上から2段目右端の「限定2」¥950のボタンです。

 

 

 

 

食券を渡して、待つ事7〜8分で「ナマナマパイン」が着丼。

「ナマナマパイン」と言うより「アワアワパイン」です。

 

 

 

 

まずはスープから。

アワアワの下から掬いましたが、全体的にスムージーの様な感じです。
飲んでみると、パインスムージーに塩味スープが混ざっている感じで、甘塩っぱいですが、思いの外違和感は有りません。

レギュラーメニューの「パイナップル海老塩ラーメン」より尖っていますが、結構イケる味です。

 

 

 

 

中細ストレート麺。

三河屋製麺製の中細ストレート麺は丁度良い茹で加減で、適度にコシが有り、小麦の風味が感じられます。

アワアワのスープが良く絡みます。

 

 

 

 

大きなチャーシュー。

煮豚系ではなく、オーブンで焼いた焼き豚系のチャーシューです。
適度に脂が入っており、適度な肉感が有ってとても美味しいチャーシューです。

 

 

 

 

パイナップルの果肉。

多分、生のパインを切ったものと思われます。
「ナマナマパイン」はスープ自体にも生パイナップル果汁が入っているので、より違和感無く食べられます。

 

 

 

 

薄手の海苔。

パイナップル海老塩ラーメン」にも入っていますが、このスープの味なら家系ラーメンの様なしっかりとした海苔よりも、薄手の海苔の方が合っている気がします。

 

 

 

 

スープに浸して海苔巻き麺にして頂きます。

「ナマナマパイン」にしても「パイナップル海老塩ラーメン」にしても、塩味のスープにパイナップル果汁の甘塩っぱいスープなので、海苔の風味が濃過ぎると多分違和感が出そうな気がします。

その点、この薄手の海苔なら、仄かな磯の香りなので違和感を感じません。

 

 

 

 

ほうれん草。

甘塩っぱい塩味スープと良く合うほうれん草。
色合い的にも良いアクセントになっています。

 

 

 

 

ここでオススメ無料トッピングの「ニンニク」をオーダーしました。

卓上には有りませんが、店員さんに言えば出て来ます。

 

 

 

 

ニンニクを投入します。

パイナップル海老塩ラーメン」では激ウマになりましたが、果たしてどうでしょうか?

混ぜてから食べてみると、予想通り塩味スープにコクが出て、より美味しくなりました。

やはり「ナマナマパイン」は「パイナップル海老塩ラーメン」の延長線上に有るラーメンの様です。

 

 

 

 

スープを味わってみます。

ニンニクが入って、よりラーメンらしい味になったスープ。
スムージーの様にパイナップルの果肉も入っていますが、甘塩っぱさとニンニクの旨味が上手く調和しています。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「パパパパパイン」の限定「ナマナマパイン」でしたが、予想のナナメ上を行く、ちょっとブッ飛んだラーメンでした。

パイナップル海老塩ラーメン」は多分誰が食べても美味い味に仕上がっていますが、この「ナマナマパイン」は”ラーメン”だと思って食べたら多分引く位ブッ飛んでいます。

かと言ってスイーツだと思って食べても違うと思うので、「『ナマナマパイン』は『ナマナマパイン』と言う食べ物」だと思って食べた方が良いです。

既存の”ラーメン”の枠からはみ出しそうな一杯。それが「ナマナマパイン」です。
3ヶ月に一度の限定との事で、次は3ヶ月後の来年1月頃に会えるかも知れません。

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 町田駅