広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は先日通販で取り寄せた、「つけめん さなだ」の「大山鶏のつけめん」を作ってみました。

「中華そば食べ比べセット 大山鶏のつけめん2食+大山鶏の中華そば1食入(チャーシュー、メンマ入) 浅草開化楼さなだ特注麺」
を買ったので、まずは「大山鶏のつけめん」を作ってみました。

 

 

 

 

同封のお礼状の文言を見てみると

さなだ移転1周年記念コラボセットをご購入いただき

と書いてあります。

「???」
念の為、発送のメールを確認しましたが、「中華そば食べ比べセット 大山鶏のつけめん2食+大山鶏の中華そば1食入(チャーシュー、メンマ入) 浅草開化楼さなだ特注麺」と書いてあります。

間違って「さなだ移転1周年記念コラボセット」が送られて来たのかと思い、「つけめん さなだ」さんに確認した所、中身は間違い無い様で、単に「さなだ移転1周年記念コラボセット」のお礼状と「キング製麺の豚骨魚介つけめん」の作り方説明書が同封されていただけの様です。

 

 

 

 

「大山鶏のつけめん」/「大山鶏の中華そば」の作り方説明。

中華そばは7分半〜9分半、つけめんは11分〜13分とあります。

 

 

 

 

まずはスープを湯煎します。

4人分一遍に湯煎したので、鍋が一杯です。

 

 

 

 

次いで、麺を茹でます。

浅草開化楼製のさなだ特注麺はタピオカ粉入りのせいか、うどんを茹でている様な感じでお湯が白濁します。

つけめんの茹で時間は11分〜13分なので、11分程茹でました。

 

 

 

 

味玉、海苔、九条ネギは別途用意しました。

魚粉はセットに入っています。

 

 

 

 

麺は4人分一遍に茹でたので、そのままザルにあげて、そこから食べる様にしました。

こうなると、余計にうどんの様です。

 

 

 

 

スープを小丼に移し、トッピングを載せて出来上がりです。

チャーシュー、メンマはスープに入っています。

 

 

 

 

浅草開化楼特注の極太麺。

ツブツブが見えるので、全粒粉入りでしょうか?
タピオカ粉を使っているからか、物凄い弾力です。
食べ応えの有る麺で、小麦の風味もする美味い麺です。

スープに浸して食べてみると、濃厚魚介系スープながら、後味がスッキリしています。
なるほど、これなら週に2回位食べたくなりそうな味です。

 

 

 

 

バラ巻きチャーシュー。

薄手のチャーシューながら、しっかり肉感が有って美味しいチャーシューです。

 

 

 

 

太めのメンマ。

ザクッとした食感で、硬くは有りませんが程良い歯応えです。

 

 

 

 

魚粉を載せていた海苔。

魚粉をスープに溶いたら、スープに浸して海苔巻き麺にします。

 

 

 

 

スープに浸した海苔で麺を包んで頂きます。

濃厚なスープと海苔の風味で、モチモチ食感の麺がとても美味しいです。

 

 

 

 

自作の味玉。

今日は茹で加減に失敗して固茹でになってしまいました。
でも、お味の方は問題無いです。

 

 

 

 

麺と具材を食べ終えたので、お湯で割ってスープ割りしました。

濃厚なスープなので、お湯で薄めると飲むのに丁度良くなる上、温かくなるので一石二鳥です。

「大山鶏のつけめん」と言う名前ですが、鶏だけでは無く豚も使われています。
豚のゲンコツ、豚足、背ガラ、挽肉を使用しているとの事で、濃厚なスープのどっしり感は豚に依る所が大きそうです。

濃厚豚骨魚介系スープより後味が軽やかなのは、大山鶏のスープと上手に合わせているからでしょうか?

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「つけめん さなだ」さんの「大山鶏のつけめん」でしたが、流石は六厘舎の店長を歴任しただけの事は有って、濃厚魚介スープの旨さに関しては出色の出来で、「中華蕎麦 とみ田」の本店仕様のつけ麺と比較しても、全く負けていません。

むしろ後味の軽やかさが有り、浅草開化楼特注麺の旨さも有って、互角以上の味だと思います。

出身店である「六厘舎」のつけ麺と比較しても、遜色ないどころか、上回っている部分もあります。

今までお取り寄せした濃厚魚介系つけ麺の中では、1,2を争う旨さです。

 

 

こちらも是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

広告

スポンサーリンク


 

 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:つけ麺 | 北千住駅