広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は先日通販で取り寄せた、「つけめん さなだ」の「大山鶏の中華そば」を作ってみました。

先日は「大山鶏のつけめん」を食べましたが、濃厚魚介スープなのに後味にキレのあるスープでした。

 

 

 

 

まずはスープの湯煎から始めます。

このスープにはチャーシューとメンマが入っているので、あまり沸かし過ぎない様に気を付けます。

 

 

 

 

続いて麺を茹でます。

浅草開化楼製の麺を手揉みした麺は、茹で時間が7分半〜9分半とかなり長めです。

 

 

 

 

湯煎したスープを丼に移し、湯切りした麺を入れて、トッピングを載せれば完成です。

茎わかめ、半熟味玉、九条ネギは別途用意しました。

 

 

 

 

まずはスープから。

このスープ、基本的には「大山鶏のつけめん」とほぼ同じではないかと思います。

新宿のつけ麺の雄「風雲児」にも「らーめん」が有りますが、やはりつけ麺と良く似た感じのスープでとても美味しいです。

「中華蕎麦 とみ田」も「つけ麺」が有名ですが、「厳選素材の中華そば」も美味しいラーメンでした。

このスープも基本は「大山鶏のつけめん」と同じですが、とても美味しいラーメンです。

 

 

 

 

浅草開化楼製の極太麺。

手揉みされて少しウェーブが掛かっています。
つけ麺よりスープの粘度が低い分、縮れでスープが絡みやすくなっています。
この麺はラーメンの麺としては異例な程太く、モチモチ食感で歯応えも有る美味しい麺です。

 

 

 

 

バラ巻きチャーシュー。

バラ肉らしく脂が適度に入っており、濃厚なスープととても相性が良いです。

 

 

 

 

材木メンマ。

これも「大山鶏のつけめん」と同じだと思いますが、濃厚魚介スープに合わせた味付けで、とても美味しいメンマです。

 

 

今回は子供達に作ってあげたので、味見はここまで。
それでもスープと麺はきちんと味わえました。
「つけめん さなだ」さんの「大山鶏の中華そば」でしたが、濃厚魚介スープx浅草開化楼製極太麺の味は素晴らしいの一言です。

スープの旨さはもちろん、浅草開化楼さなだ特注麺の旨さは特筆モノだと思います。

この麺に負けないスープを作れる「つけめん さなだ」さんはさすがだと思います。

 

 

 

こちらも是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:つけ麺 | 北千住駅