広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は町田の「ラーメン豚山」さんに行って来ました。
「町田商店」などを展開する「株式会社ギフト」の二郎インスパイア店です。

 

 

 

 

この場所は元「つけめんTETSU」が有った場所です。

つけめんTETSU」時代には何度か来た事が有りますが、「ラーメン豚山」になってからは初めてです。

 

 

 

 

まずは券売機で食券を購入します。

ここは「汁なし」が有るのが特徴ですが、初訪問なので「ミニラーメン」(麺量125g、豚2枚)と「生玉子」¥50にしました。

 

 

 

 

カウンター席に座ります。

厨房を囲む様にL字のカウンターが有りますが、レイアウトは「つけめんTETSU」時代と変わっていない様です。

 

 

 

 

カウンター自体も「つけめんTETSU」時代と変わっていない様です。

卓上調味料は醤油、酢、粗挽き唐辛子、胡椒と二郎系にしては豊富です。

 

 

 

コールの方法も書かれています。

「麺硬め」だけは食券を出した時に言う必要が有りますが、それ以外は「ミニラーメンの方」の様に呼ばれたらコールします。

今日は「ニンニク・アブラ」にしました。

 

 

 

 

待つ事7〜8分で、「ミニラーメン」+「生玉子」が着丼。

「ミニラーメン」とは思えないボリュームです。
アブラも小さめの固形で、ブタも結構大きいです。

 

 

 

 

とりあえず天地返ししました。

麺よりもヤサイの方が多いので、天地返ししてもヤサイが出ます(笑)。

 

 

 

 

太麺は「スモジ」や「中山二郎」と同じ位の太さです。

食感や味も遜色無く、茹で加減はジャストな感じです。
スープの味が醤油もみりんも控えめで、二郎をスッキリさせた様な味です。
優等生的な味で、イメージ的には「綺麗なジャイアン」と言う感じです。

 

 

 

 

生卵を溶いて、少し醤油を垂らして麺を浸して食べてみます。

元々の味が割と控えめなので、生卵に浸すととてもマイルドな味になります。

 

 

 

 

大きめのブタ。

厚さも大きさも十分なブタで、とても柔らかく、味付けはスープと同様に比較的スッキリ系の優等生的な味です。

 

 

 

 

味変で粗挽き唐辛子を掛けてみました。

以前は「スモジ」にも有ったのですが、取引先が扱いをやめてしまったとの事で、今は無くなってしまいました。

粗挽き唐辛子の適度な辛さが、スッキリ系のスープには丁度良い感じです。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えて、スープを味わいます。

やはり醤油やみりんが控えめで、化調の旨味が感じられるスープです。
多分、二郎を食べ慣れていない人にとっては、二郎より旨いと感じるのでは無いでしょうか?

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

ラーメン豚山」の「ミニラーメン」+「生玉子」でしたが、二郎インスパイアとしては割とスッキリ系のスープで、二郎入門には最適では無いかと思います。

実際、隣に座った学生風の2人連れは「全マシで!」と言っていながら、「ニンニクってこれ?」とか「コレ何?」とか同行人に聞きまくっていました。
初心者でも入り易く、食べ易いインスパイアです。

「汁なし」が有ったり、「味噌」が有ったりと、二郎中級・上級者でも楽しめるので、幅広く人気が有る様です。

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング


関連ランキング:ラーメン | 町田駅