広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

今日は近くに用事が有ったので、久しぶりに「龍聖軒」に行って来ました。

電車で出掛けていたので徒歩で行きましたが、急傾斜の坂を登って降った所にあるので、駅から510mと言う食べログの情報よりはかなり大変でした。

 

 

 

 

今日は特に限定などは無いので、オーソドックスに「醤油ワンタン麺」にしました。

「龍聖軒」は醤油の両方を食べた事が有りますが、ワンタン麺は醤油の方が合っている気がします。

 

 

 

 

今日はカウンターの角から2番目の席に座りました。

お好みをどうしようか迷いましたが、デフォルトで不満が無かったので全て普通にしました。

 

 

 

 

待つ事7〜8分で、「醤油ワンタン麺」が着丼。

小さな海苔が「東池袋大勝軒」っぽいビジュアルです。

 

 

 

 

まずはスープから。

豚と魚介のスープに牛油を使用したスープは、優しい味ながら奥の深い味で、牛油のコクと旨味が美味しいスープです。

 

 

 

 

麺は三河屋製麺製の太麺

ピロピロした手打ち麺の様な感じで、モチモチ食感の美味しい麺です。

 

 

 

 

ロースチャーシュー。

煮豚系のチャーシューですが、絶妙な火の通り方で、柔らかいながらも肉感が有り、味も優しい味のスープに良く合う味付けです。

 

 

 

 

大きなワンタン。

餡のたっぷり詰まったワンタン。
皮もプリプリで、食感がとても良いです。

 

 

 

 

メンマ。

太めのメンマですが、柔らかく煮て有って、味も適度で美味しいメンマです。

 

 

 

 

小さな海苔。

東池袋大勝軒」を彷彿とさせる小さな海苔です。

 

 

 

 

スープに浸して麺を包んで頂きます。

やはり醤油味スープに海苔は良く合います。

 

 

 

 

ここで味変の「おろし生姜」を投入します。

醤油味スープに生姜と言えば、長岡ラーメンが有名ですが、秋葉原の「青島食堂」や町田の「長岡食堂」などがその系統です。

「我武者羅」さんも背脂生姜ラーメンが有りますが、同じ新潟の燕三条系ラーメンと長岡ラーメンのミックスの様な感じです。

 

 

 

 

生姜を投入してみました。

醤油味スープに生姜はとても良く合います。

 

 

 

 

味変後の麺を食べてみます。

やはり長岡ラーメンっぽい感じになっています。
元々長岡ラーメンが好きな事も有りますが、これは旨いです。

 

 

 

 

ワンタンも食べてみます。

「龍聖軒」のワンタンは餡がほぼ肉で、生姜の風味があまりしないタイプなので、生姜醤油のスープにするとメチャメチャ旨いです。

「醤油ワンタン麺」+生姜は鉄板の旨さで、今後はこれをスタンダードにしたいです。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えて、スープを味わいます。

豚と魚介のスープに牛油を使用したスープに生姜が加わり、爽やかな旨さのスープになっています。

一度コレを味わったら、次も絶対生姜を入れたくなります。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「龍聖軒」の「醤油ワンタン麺」でしたが、卓上調味料の生姜を入れる事で、長岡ラーメン風になり、ワンタンの旨さが更に引き立つ事が分かりました。

豚と魚介のスープに牛油を使用したスープが、生姜の爽やかさが加わって更に美味しくなります。

この味だと、多分中細麺の方が合いそうなので、次回は中細麺で食べてみたいと思います。

個人的には「ワンタン麺」なら醤油が、「味玉ラーメン」なら塩がオススメです。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 鶴川駅