広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は夏にピッタリのサッパリ系の「つけ麺」を食べに、「肉煮干し中華そば 鈴木ラーメン店」に行って来ました。

こちらのつけ麺は、いわゆるハヤリの濃厚豚骨魚介系や鶏白湯醤油系のスープでは無く、「東池袋大勝軒」の様なサッパリ系で煮干しの効いたタイプです。

 

 

 

 

お店の外にはラインナップのPOPが有ります。

土曜日は15時開店の様です。

 

 

 

 

まずは入口左手の券売機…のQRコードを読んで、PayPayで「つけ麺」¥830を前払いしました。

今日は平日昼にも関わらず、満席で外並びも出ていました。
やはり「ニボMAX」系を食べている方が多かったです。
お仕事中なのか、ニンニク抜きの注文が多い様です。

 

 

 

 

待つ事10分少々で、「つけ麺」が着丼。

スープの煮干しの風味が食欲をそそります。

 

 

 

 

自家製麺の中太平打ち麺。

加水率高めのツルシコ食感の麺で、喉越しの良さとコシの有るつけ麺向けの麺です。

 

 

 

 

スープに浸してみます。

今日のスープは酸味が効いていて、少し甘みも有るスープです。
東池袋大勝軒」の「もりそば」ほど甘くは有りませんが、酸味と甘みの有る醤油味の煮干しの効いたスープです。
このスープもカエシの改良で、出汁感が増しています。

ちなみにこのスープ、底の方に柚子胡椒が入っているので、良くかき混ぜてから食べる事をオススメします。

良くかき混ぜる事で柚子胡椒の風味と爽やかな辛味が加わって、とてもサッパリとした味になります。

 

 

 

 

豚腕肉のチャーシュー。

厚手で大きさも有り、柔らかくて味付けも適度な美味しいチャーシューです。
これが3枚載っています。

 

 

 

 

細めのメンマ。

かなりタップリ載っています。
適度な歯応えと味付けで、ラーメンに欠かせない具材です。
ちなみにこのメンマ、おつまみにも良いんです。

 

 

 

 

大きな海苔。

家系ラーメンの海苔並の大きさで、しっかりとした海苔です。

 

 

 

 

スープに浸して、麺を包んで頂きます。

煮干しの風味が効いたスープと海苔はとても相性が良いです。
ツルシコ食感の麺と相まって、とても美味しいです。

 

 

 

 

半熟の味玉。

黄身がゼリー状の味玉で、しっかりと味が染みており、スープの味と良く合う味玉です。

 

 

 

 

麺と具を完食。

ここでスープ割りをお願いしました。

 

 

 

 

割りスープは別容器で提供されます。

煮干しの香りが漂って来ます。

 

 

 

 

まずは割りスープを味わってみます。

淡麗煮干」や「背脂煮干」、「しおらぁ麺」そして「ニボMAX」系など、全てのラーメンのベースになっている煮干しスープです。
煮干しの風味で、良い出汁感です。

 

 

 

 

スープを割ってみます。

煮干し出汁を加えたスープは、煮干し感が強まり、酸味や塩分が適度に薄まって、とても飲み易くて美味しいです。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「肉煮干し中華そば 鈴木ラーメン店」の「つけ麺」でしたが、ツルモチの自家製麺と、サッパリ系の酸味と甘みのある煮干しの効いた醤油味スープで、とてもサッパリ食べられる一杯でした。

昔出していたサッパリ系の「中華そば」と良く似た、煮干しの効いた醤油味スープは、隠し味の柚子胡椒が良く合っていて、暑い夏でもスルスル食べられます。

濃厚豚骨魚介もしくは濃厚鶏白湯魚介系のつけ麺が多い中で、こう言うサッパリ系のつけ麺はとてもありがたいです。

レギュラーメニューなので1年中食べられますが、やはり夏が一番良く合うメニューでは無いかと思います。

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 相模大野駅