広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は遅ればせながら「がん家」さんの「つけ麺」を食べに行って来ました。

「つけ麺」の提供はかなり前だったのですが、なかなか行く機会が無くて、まだ食べていませんでした。

 

 

 

 

券売機にも「つけ麺」¥850というPOPが貼られています。

今日はPayPayで「つけ麺」¥850を前払いして、LINEクーポンの「ワカメ」と、サービス中の「紅生姜」を付けて貰いました。

 

 

 

 

今日はカウンターの一番入口に近い方に座りました。

ここだと目の前にPayPayのQRコードが有るので、支払うのに便利です。

 

 

 

 

待つ事20分少々で、「つけ麺」が到着。

「つけ麺」は麺を水で締める工程が有るので、ロットの最後になります。

「紅生姜」は別皿で提供されます。

 

 

 

 

つけ麺なので、まずは麺から。

三河屋製麺製の中太麺です。

 

 

 

 

スープに浸して、頂きます。

やはり「つけ麺」になっても「がん家」さんらしい、サッパリとしたライトな味は変わりません。

 

 

 

 

大きなチャーシュー。

「がん家」さんのチャーシューは、「町田家」さんや鶴間の「七七家」さんと同様に肩ロースの煮豚系のチャーシューで、とても美味しいチャーシューです。

 

 

 

 

LINEクーポンの「ワカメ」。

ラーメンにはワカメが良く合います。
「超純水彩麺 天国屋」さんの「地獄ラーメン」にはワカメが欠かせません。

 

 

 

 

ほうれん草。

ちょいクタなほうれん草。
家系ラーメンには欠かせない具材です。

 

 

 

 

ワカメと麺を絡めて頂きます。

海苔もそうですが、海藻であるワカメも家系ラーメンのスープに良く合います。

 

 

 

 

サービスの「紅生姜」をスープに入れてみました。

紅生姜も生姜なので、家系ラーメン店に良く置いて有る、おろし生姜や刻み生姜と同様に爽やかさが加わり、味変として申し分無いです。

 

 

 

 

更に、スープにおろしニンニクと胡麻を加えて味変します。

やはり家系ラーメンにはニンニクとゴマが良く合います。

 

 

 

 

味変後のスープで、麺を頂きます。

当たり前と言えば当たり前ですが、ニンニクと紅生姜も良く合います。

ニンニクとコクと旨味、そしてゴマの香ばしさ、生姜の爽やかな風味で、後半も食欲が衰える事無く食べられます。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えたので、スープ割りをお願いします。

「がん家」さんのスープはライトなスープですが、流石に「つけ麺」のスープは濃いので、スープで割って貰います。

 

 

 

 

割スープで割ったスープは、とても飲み易くなります。

こうやって味わってみると、「がん家」さんのスープはライトながら”薄く無い”と言うのが分かります。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「がん家」さんの「つけ麺」+「ワカメ」+「紅生姜」でしたが、この日は暑い日だったので、つけ麺日和だった事も有り、とても美味しい一杯でした。

同じ海藻なので、海苔同様にワカメも家系ラーメンのスープに良く合います。

そして「紅生姜」も生姜なので、家系ラーメンに合わない訳が有りません。

「紅生姜」はレギュラー化をお願いしたい一品です。

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 相模大野駅