広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は、久しぶりに小田急相模原の「麺処 宥乃」さんに行って来ました。

前回は「煮干らーめん・黒」に背脂と生姜を加え、燕ラーメンと長岡ラーメンの合いの子の様にして頂きました。

 

 

 

 

今日は基本に立ち返って、「比内地鶏・白」¥900+「ワンタン」¥250にしました。

とても美しいビジュアルです。

 

 

 

 

まずはスープから。

比内地鶏スープと旨味の強い白醤油がとても良く合っていて、醤油の香ばしさとキレを味わう「比内地鶏・黒」とはまた違った旨さが有ります。

 

 

 

 

麺は細麺ストレート。

中根製麺製の麺は、硬くも無く柔らかくも無く、正にジャストな茹で加減で、白醤油と比内地鶏のスープにとても良く合っています。

 

 

 

 

大きなレアチャーシュー。

柔らかさと肉感がとても丁度良く、味も繊細な比内地鶏+白醤油のスープを邪魔しない、絶妙な味付けです。

 

 

 

 

鶏胸肉チャーシュー。

鶏胸肉らしいサッパリ感が有りながら、しっとり感が有ってパサパサしておらず、味の方も白醤油スープにとても良く合います。

 

 

 

 

ワンタン。

比内地鶏・黒」との組み合わせも美味しいですが、この白醤油のスープとの組み合わせはドンピシャで、相性抜群です。

 

 

 

 

穂先メンマ。

淡麗系のスープに良く合う穂先メンマ。
このスープとのマッチングもバッチリです。

 

 

 

 

小松菜。

昔はほうれん草の方が好きでしたが、小松菜はクセの無い味でよりスープが生きる感じがします。

 

 

 

 

カイワレと白髪ネギ。

どちらも爽やかな辛味が有りますが、ネギ特有の風味とカイワレの大根っぽい味の違いが有ります。

 

 

 

 

細麺をメンマと一緒に頂きます。

細麺とメンマの食感の違いを楽しめます。

 

 

 

 

4個載っているワンタン。

比内地鶏と白醤油のスープとワンタンの組み合わせはとても相性が良く、スープの旨さを引き立ててくれます。

 

 

 

 

白髪ネギとカイワレを絡めて麺を頂きます。

白髪ネギの辛味とカイワレの大根っぽい辛味が白醤油スープととても良く合います。

 

 

 

 

茹で加減が絶妙なワンタン。

餡も丁度良い塩梅で、とても美味しいワンタンです。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えて、スープを味わいます。

比内地鶏のスープはとてもスッキリとしていながらコクが有り、白醤油の旨味がスープの旨味と相まって、とても美味しいです。

麺処 宥乃」さんの「比内地鶏・白」+「ワンタン」でしたが、比内地鶏スープの旨さを味わうには白醤油が良く合っている気がします。

そしてこのスープにはワンタントッピングが絶品です。
レアチャーシューや穂先メンマもとても美味しくて、小松菜、白髪ネギやカイワレなどの薬味もとても良く合っています。

勉強熱心な岩本店主は常にブラッシュアップを重ねていて、食べに行く度にクオリティが上がっている気がします。

来年は”飛躍の年”と位置付けて、更なる進化をするそうなので、「麺処 宥乃」さんから目が離せません。

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 小田急相模原駅