広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

先日、毎年恒例になっている友人一家との旅行で、旭川に行ったので「ラーメン専門 つるや」さんに行って来ました。

“旭川ラーメン”と言えば、「らぅめん 青葉」や「ら〜めんや 天金」に代表される様な、香ばしいラードと濃いめの醤油味のラーメンと言うイメージですが、こちらの一番人気は「みそ野菜ラーメン」との事。

 

 

 

 

お昼前に伺いましたが、広い駐車場は空きが2台分しか無く、我々の車を停めたら丁度一杯になりました。

でも、後で見たら10台停められるそうで、その後手前の方にも車が停まっていました。

 

 

 

 

のぼりには「創業昭和二十二年」と有ります。

かなりの老舗です。

 

 

 

 

お店の向かい側に広い駐車場が有ります。

ここに10台停められます。
更にお店の横に2台と向かいの建物に2台の合わせて14台分の駐車場が有ります。

 

 

 

 

広い店内は昭和の雰囲気です。

厨房の前にカウンター席11席が有ります。

入口からカウンターの間に4人掛けテーブルx3が有り、小上がりに4人掛けテーブルx3の合計35席です。

 

 

 

 

カウンターの上にメニューが有ります。

「正油ラーメン」と「塩ラーメン」には「チャーシューメン」と「野菜ラーメン」、「野菜チャーシューメン」が有り、味噌は「みそ野菜ラーメン」と「みそ野菜チャーシューメン」の2種類です。

 

 

 

 

壁にも「つるや」さんのマークが有ります。

イラストを見るとラーメンと言うよりチャーハンに見えます。

 

 

 

 

卓上には胡椒と一味が有ります。

その他、箸と楊枝、ティッシュ、アルコールスプレーも有ります。
7人で行ったので、小上がりのテーブル席x2に案内されました。

 

 

 

 

壁のメニュー。

「ラーメン専門」だけあって、サイドメニューは「ライス」のみの潔さです。

私と奥様と次女は「みそ野菜ラーメン」¥950、長女は「正油野菜ラーメン」¥950、友人一家(奥様と子供2人)は3人で「塩野菜ラーメン」大盛り¥1,050にしました。

 

 

 

 

待つ事10分程で、まず長女の「正油野菜ラーメン」が着丼。

一見すると味噌と見紛う程のスープです。
一口貰いましたが、香ばしいラードと焦がし正油っぽい風味で、とても美味しいスープでした。

 

 

 

 

こちらは友人一家の「塩野菜ラーメン」大盛り。

初め、友人の奥様は「みそ野菜ラーメン」を頼もうとしましたが、お店の人に「『みそ野菜ラーメン』は辛いから小さなお子さんには向かない」と言われて「塩野菜ラーメン」にしました。

確かに「みそ野菜ラーメン」は結構ピリ辛で、4歳児と7歳児にはちょっと厳しいかもしれません。

 

 

 

 

そしてこちらが一番人気の「みそ野菜ラーメン」。

普通盛りですが、かなりのボリュームの野菜が載っているので、大盛り位に見えます。

 

 

 

 

まずはスープから。

お店の人が「小さな子供には辛過ぎる」と言っていた通り、かなり唐辛子が効いています。

札幌ラーメンと違って比較的味噌が薄めで、且つ白味噌が入っているのかマイルドな味です。

しかしながら旭川ラーメンらしく、しっかりラードで蓋をしてあるので、最後までアツアツです。

 

 

 

 

麺は中細縮れ麺。

旭川の老舗製麺会社「加藤ラーメン」製の麺と思われます。
札幌ラーメンなどに多い、ツルシコ食感の加水率高めの黄色い玉子麺では無く、小麦の風味のする麺です。

スープに良く合う、モチっと食感の麺です。

 

 

 

 

チャーシュー。

周囲を焼き上げた煮豚系で、脂身の少ない部位のチャーシューです。

 

 

 

 

大きめのメンマ。

とても薄味で、食感的にも筍を食べている様な感じです。
しかし、この味噌味スープに良く合っています。

 

 

 

 

たっぷり載った野菜。

モヤシや玉ねぎ、白菜などで、ラードで炒めてあるので香ばしい風味がします。

 

 

 

 

野菜を絡めて麺を頂きます。

香ばしく炒められた野菜とモチっと食感の麺に、適度に味噌味スープが絡んでいて、とても美味しいです。

 

 

 

 

札幌ラーメンには札幌ラーメンの旨さが有りますが、この「みそ野菜ラーメン」も独特の旨さが有ります。

スープの違いに加え、麺も違うので、同じ味噌味でも札幌ラーメンとは全く違う一杯に仕上がっています。

 

 

 

 

玉ねぎが沢山入っています。

炒められた玉ねぎの甘みが味噌味スープととても良く合います。

 

 

 

 

たっぷりのモヤシと共に。

味噌ラーメンにモヤシは鉄板の具材です。

 

 

 

 

メンマと野菜を絡めて麺を頂きます。

薄味のメンマは味噌味スープと合わせる事で、丁度良い味になります。

 

 

 

 

チャーシューと野菜を絡めて麺を頂きます。

煮豚系のチャーシューは適度な味付けで、モヤシや玉ねぎなどの野菜と食べても美味しいです。

 

 

 

 

しかし、思いの外野菜の量が多い事に気付きます。

二郎の様に山にはなっていませんが、見た目よりもかなりのボリュームです。

 

 

 

 

“旭川ラーメン”と言えば醤油味のイメージでしたが、「つるや」さんの「みそ野菜ラーメン」を食べて、イメージが変わりました。

札幌ラーメンとは一味違う、”旭川ラーメン”の味噌。
寒い時期には味噌味スープが沁み入ります。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えて、スープを味わいます。

白味噌が入っているのか、マイルドで優しい味のスープです。
唐辛子が効いていて、ピリ辛なのも特徴の一つです。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

ラーメン専門 つるや」さんの「みそ野菜ラーメン」でしたが、”旭川ラーメン”=醤油味という固定概念を破る、美味しいラーメンでした。

北海道の味噌ラーメンと言えば、「すみれ」に代表される”純すみ系”の、モヤシや挽肉を中華鍋で炒めてスープと味噌を合わせて作る、濃い味噌味スープを思い浮かべますが、「つるや」さんの「みそ野菜ラーメン」は優しい味のスープで、野菜を中華鍋で炒めてはいるものの、挽肉は使用しておらず、旭川ラーメンらしいラードを使っているものの「ら〜めんや 天金」の様に焦がしラードでは無く、サッパリとした味に仕上がっています。

ちなみに、長女が食べていた「正油野菜ラーメン」も一口貰いましたが、そちらはたまり醤油の様な味の、かなり濃いめの正油味スープで、ラードの香ばしさも有って、「みそ野菜ラーメン」とは全く違った方向性の一杯でした。

Covid-19で昨年は来なかったものの、ここ数年は毎年の様に旭川を訪れていて、その度にラーメン店を訪問するのが楽しみなのですが、旭川でも醤油味以外の美味しいラーメンが有るのはとても嬉しいです。

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 旭川四条駅