広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

今日は、あのマー油と豚骨スープがどうしても食べたくなったので、「桂花ラーメン」をお取り寄せしてみました。

私は桂花ラーメンの通販ページから買いましたが、代引きか銀行振込しか対応していないので、桂花ラーメンの楽天サイトで買った方がクレジットカードが使えるので便利です。

 

 

 

 

折角の「桂花ラーメン」なので、角煮(太肉の代わり)と茎わかめを用意しました。

あと、生キャベツも欲しいので、生キャベツを刻み、自作の味玉と市販のメンマも用意しました。

 

 

 

 

桂花ラーメンの茹で時間は90秒。

硬めが好きなので、60秒にしてみました。

 

 

 

 

スープは260ccのお湯を注いで作ります。

マー油は後から掛けようかと思いましたが、面倒なので一緒に入れちゃいました。

 

 

 

 

麺を揚げて、湯切りします。

確かに桂花の麺です。

 

 

 

 

スープの入った丼に麺を入れ、トッピングを載せて出来上がりです。

見た目は結構イイ線行っています。

 

 

 

 

まずはスープから。

ややマー油のパンチが弱いものの、スッキリ系のスープはまさしく「桂花ラーメン」です。

ラーメンを食べ歩く様になったキッカケがこの「桂花ラーメン」だったので、定期的に食べたくなる味ですが、このご時世で外食が難しいので、家で食べられるのは非常にありがたいです。

 

 

 

 

桂花の中細ストレート麺。

あの「ボキボキ感」を目指して60秒で揚げましたが、やっぱりお店で食べるより柔目になってしまいました。
多分30〜45秒位で揚げると良さそうなので、次は45秒で揚げてみようと思います。

味はまさしく桂花の味で、かんすい少なめの麺特有の味です。

 

 

 

 

桂花ラーメンと言えば「太肉」。

ホンモノの「太肉」は結構な値段なので、ここはお安く市販品の角煮で済ませました(笑)
しかし侮る事なかれ、鎌倉ハム製の「鎌倉煮」は思ったより「太肉」に近い味と食感でした。
少なくとも不満に思う事は有りませんでした。

 

 

 

 

生キャベツ。

これも「桂花ラーメン」の特徴の一つですが、ラーメンを「完全食」にするために野菜を載せたと聞いています。

「太肉」とキャベツを一緒に食べると旨いです。
特にマー油が掛かったキャベツと「太肉」は相性抜群です。

 

 

 

 

茎わかめ。

これも「桂花ラーメン」特有のトッピングではないかと思います。
時計台ラーメン」でもお馴染みのトッピングですが、他ではあまり見た事が有りません。

コレが無いと「桂花ラーメン」っぽく無いので、スーパーをハシゴして探しました。
長女が茎わかめが大好きで、メチャメチャ増量して食べていました。

 

 

 

 

メンマ。

普通の市販品ですが、桂花のスッキリ系豚骨スープに良く合います。

 

 

 

 

自作の味玉。

3度目の正直で、漸く目指していたトロ〜り味玉が出来ました!
桂花の味玉は固茹でなのですが、個人的には半熟味玉が大好きです。
しかも味付けは自分好みの味なので、旨さもひとしおです。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「桂花ラーメン」の通販を初めて利用しましたが、麺は茹で加減さえ調整すれば、ほぼ店舗で食べるのと変わらない味である事が分かりました。

スープも結構再現度が高く、若干マー油が弱い印象が有りますが、全体的に見れば満足の行く味だと思います。

何より、今のこの情勢で外出がままならない時に、自宅で「桂花ラーメン」を味わえるのは嬉しいです。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング