広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

今日は先日買って来た「Sagamihara欅」の「まぜそば」を作ってみました。

セットの内容は、麺、角切りチャーシュー、脂、醤油ダレです。
醤油らーめん」や「スタミナホルモンラーメン」の様に、メンマは入っていません。

 

 

 

 

まずは脂と醤油ダレ、チャーシューを湯煎します。

すぐに溶けるので、2〜3分でOKです。

 

 

 

 

次に麺を茹でます。

茹で時間は約3分です。

 

 

 

 

丼にタレと脂を入れて、茹で上がった麺を湯切りして入れ、具材をトッピングすれば完成です。

今回は付属の角切りチャーシューの他に、玉ねぎのみじん切りとメンマ、味玉を追加しました。

 

 

 

 

麺は「HANARE」の麺に近い中太縮れ麺。

モチモチ食感で、まぜ麺にピッタリです。
小麦の旨さも感じられます。

お味の方はこのままでも美味しいですが、個人的にはお酢とラー油が欲しい感じです。

 

 

 

 

と言う訳で、お酢とラー油、そして柚子胡椒を用意しました。

お酢を入れると爽やかな味になり、ラー油はちょっとピリ辛になって美味しいです。
ちょっと賞味期限を過ぎている柚子胡椒は、まぜそばに良く合います。

 

 

 

 

お酢とラー油を加え、もう一度まぜました。

縁に柚子胡椒を載せました。

 

 

 

 

メンマに柚子胡椒を載せます。

麺に直接柚子胡椒を付けても良いのですが、私はメンマやチャーシューなどの具材に付けて食べるのが好きです。

 

 

 

 

柚子胡椒を載せたメンマと麺を一緒に頂きます。

お酢の酸味と、ラー油の香ばしさ、柚子胡椒の爽やかな辛さが合わさり、とても旨いです。

 

 

 

 

角切りチャーシューにも柚子胡椒を載せてみます。

角切りチャーシューは結構沢山入っているので、最後まで楽しめます。

 

 

 

 

柚子胡椒を載せたチャーシューと麺を一緒に頂きます。

チャーシューと柚子胡椒の味がとても良く合います。
モチモチの麺も旨いです。

 

 

 

 

自作の半熟味玉。

今回の味玉は、茹で加減、味付け共に大成功でした。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「Sagamihara欅」の「まぜめん」は以前限定の時に食べましたが、あの時は卵黄が載っていたので余り感じませんでしたが、若干醤油ダレが濃い目なので、醤油ダレの量を加減した方が良さそうです。

もしくは卵を絡めるのもアリだと思います。
具材としては今回は玉ねぎのみじん切りとメンマを足しましたが、ニラや万能ネギを足しても良さそうです。

流石は「Sagamihara欅」、「まぜめん」もレベルが高いです。
バリエーションがあると飽きずに済むのも良い所。

今暫く外出自粛生活が続きそうなので、またお世話になりそうです。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 小田急相模原駅