広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

今日は先日買った「味噌らーめんセット」を作ってみました。

「Sagamihara欅」さんのセットはチャーシューとメンマが付属しているので、とてもありがたいです。

 

 

 

 

まずはスープと具材を湯煎します。

湯煎時間は10〜15分ですが、具材の方はそれ程長く湯煎しなくてもOKです。

 

 

 

 

トッピングのモヤシを茹でます。

個人的にはシャキシャキ感を残したいので、麺茹で用のお湯で、1〜2分茹でます。

 

 

 

先に具材を引き上げます。

スープは引き続き湯煎します。

 

 

 

 

麺を茹で始めます。

麺の茹で時間は3分半〜4分。
今回は3分半茹でました。

 

 

 

 

丼にスープを注ぎ、湯切りした麺を入れ、トッピングを載せて完成です。

今回は味噌ラーメンと相性の良い、コーンを加えてみました。

 

 

 

 

いつもの様に、スープから。

旨味の多い味噌ですが、使い方が難しい所があります。
「Sagamihara欅」さんの味噌ラーメンは、唐辛子を使わずに、味噌と鶏・豚・魚介の出汁を上手く使って、上手に旨さを引き出しています。

 

 

 

 

中太の手揉み縮れ麺。

Sagamihara欅〜HANARE〜」の麺と同じ麺と思われる中太手揉み縮れ麺は、モチモチ食感で小麦の風味が旨い麺です。

以前、お店で食べた時は中細手揉み縮れ麺だったのですが、個人的には中太手揉み縮れ麺の方が合っている気がします。

 

 

 

 

バラ巻きチャーシュー。

とても柔らかいチャーシューですが、脂の甘みが有って、味噌味スープに良く合います。

 

 

 

 

穂先メンマ。

柔らかくて、どちらかと言うと淡麗系のスープと合わせられる事が多い穂先メンマ。

この味噌味スープは比較的軽やかな味なので、穂先メンマも良く合います。

 

 

 

 

モヤシ。

味噌味のラーメンには欠かせない具材のモヤシ。
これが無いと、どうにも物足りない気がします。

 

 

 

 

コーン。

たまたま残っていたので載せましたが、コーンも味噌ラーメンと相性の良い具材です。

バターも載せたら、もう完璧です。

 

 

 

 

味噌ラーメンなので、味変はやはり七味で。

味噌味スープと七味は相性抜群です。

 

 

 

 

自作の半熟味玉。

黄身の中心が半熟で、和風出汁の効いた味玉。
個人的に大好きな味に仕上がっています。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

味噌味のラーメンと言えば、元祖「味の三平」に代表される札幌ラーメンが有名で、「すみれ」や、「三ん寅」などもこの系統で、ラードで炒めたモヤシと挽肉の香ばしさが何とも言えない旨さですが、それらを使わずにここまでの味を出しているのが、「Sagamihara欅」の凄い所です。

個人的に味噌ラーメンの最高峰だと思っている、町田の「3SO」さんは、白味噌ベースで甘みの有る味噌味スープですが、こちらはオーソドックスな味噌を使いながら、上手に仕上げています。

醤油味塩味味噌味と、どれを取っても旨い「Sagamihara欅」。
佐野店主の手腕には脱帽です。

Covid-19の早期の収束を心から願います。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 小田急相模原駅