広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

今日は先日買った、「えびそば一幻」の「えびみそ」を作ってみました。

「えびそば一幻」新宿店で初めて食べた時は、「えびみそ」にした記憶が有ります。

麺の太さを選べるので、「太麺」にして、味の濃さは「あじわい」にしたと思います。

 

 

 

 

作り方説明は箱の裏に有りますが、「えびしお」と同様に麺の茹で時間は3〜4分、スープはお湯で割るタイプです。

このタイプの場合、冷凍しなくても冷蔵で2ヶ月程保存出来るので便利です。

 

 

 

 

内訳は「えびしお」と同様に、生麺、「えびみそスープ」、「えび油」です。

えびしお」よりスープの袋が若干大きいのが特徴です。

 

 

 

 

スープ用のお湯を沸かすと同時に、麺を茹でます。

茹で時間は3分にしました。

 

 

 

 

麺を茹でている間に、スープを作ります。

「えびみそスープ」を丼に入れて、300ccのお湯で溶かすだけでOKです。

 

 

 

 

茹で上がった麺を湯切りしてスープに入れ、「えび油」を掛けます。

この「えび油」がお店の「海老風味の天かす」の代わりに、香ばしい海老の風味を出しています。

 

 

 

 

トッピングを載せて完成です。

チャーシューは「天国屋」さんのバラチャーシュー、メンマは市販のメンマ、味玉は自作の半熟味玉、そして「茎わかめ」、九条ネギを載せました。

 

 

 

 

まずはスープから。

味噌味スープにしては、ちょっと薄めに見えます。
実際非常にアッサリしたスープで、「えびしお」よりサッパリしている様に感じます。

お店で食べた時は「あじわい」にしたので、もっと豚骨スープが濃くて、結構濃厚だったので、ちょっと意外でした。

 

 

 

 

中太ストレート麺は森住製麺製。

加水率高めのツルツル食感で、美味しい麺です。

森住製麺さんは、札幌のラーメン店に麺を卸しているだけで無く、札幌の有名店のラーメンを売っている事でも有名です。

デパートの北海道物産展などで良く見掛けます。

 

 

 

 

チャーシューは「超純水彩麺 天国屋」さんのバラチャーシュー。

「えびみそ」スープにも合っていて、美味しいです。

 

 

 

 

市販のメンマ。

オールラウンダーなので「えびみそ」スープにも良く合います。
サクサク食感で、箸休めにも最適です。

 

 

 

 

茎わかめ。

塩抜きが足りなかった様で、塩っぱくなってしまいましたが、独特のコリコリ食感と、磯の風味が味わえます。

 

 

 

 

自作の半熟味玉。

やっぱりラーメンに味玉は合います。
特に半熟味玉のまろやかな味は最高です。

 

 

と言う訳で、完食。

えびそば一幻」の「えびみそ」ですが、お店で食べた時は「あじわい」だったので、もっと豚骨スープの濃度が高く、濃厚でしたが、サッパリとした味でした。

麺はお店で使用している「太麺」とほぼ同じ感じで、かなりの歯ごたえとコシで、加水率高めのツルツル食感も含め、再現度が高いです。

えびそば一幻」の特徴である「海老風味の天かす」と海老の粉末が無いのが少々残念ですが、「えび油」の香ばしさがそれを補っています。

Covid-19のワクチンや特効薬が出来て、お店で安心して食べられる日を楽しみにしています。

 

 

こちらも是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 東本願寺前駅山鼻9条駅資生館小学校前駅