広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

今日は前々から食べてみたかった、山形の「琴平荘(こんぴらそう)」の中華そば(あっさり)を通販で取り寄せたので、早速作ってみました。

琴平荘(こんぴらそう)」は、山形県鶴岡市にある冬季限定営業のラーメン店。
本来は旅館なのですが、冬場の閑散期にラーメン店を始めたところ大変評判となり、今では1日数百人が並ぶほど、山形県屈指の名店になりました。

特徴はとび魚の出汁が効いた淡麗なスープと、プリっとした縮れ麺。あっさりとしているのに食べ飽きしない味わいです。

 

 

 

 

まずは具材とスープを湯煎します。

具材は3分程、スープの方は10分程湯煎する必要が有ります。

 

 

 

 

具材を取り出して、スープは更に湯煎します。

そもそも5分位経たないと、スープの凍っている部分が無くならないので、沸騰してから3〜5分位は湯煎した方が良さそうです。

 

 

 

 

麺の茹で時間は2分30秒〜3分30秒。

麺がなかなか解れないので、少しずつ解しながら茹でて行きます。

 

 

 

 

スープを丼に移し、茹で上がった麺を湯切りして、具材を載せ、トッピングを追加すれば出来上がりです。

スープの量が結構多く、ウチの丼だと結構ギリギリでした。

 

 

 

 

まずはスープから。

焼きアゴ(トビウオ)の優しい出汁や鯖煮干しの出汁、煮干し、鰹節などの魚介が効いていて、それを鶏ベースと思われる清湯系スープが支えている感じです。

特筆すべきは醤油です。
優しい味の醤油なのですが、後味に酸味が感じられ、それがスープの味に良い意味での膨らみを感じさせています。

 

 

 

 

中太縮れ麺。

自家製麺の麺は、白河ラーメンの「一番いちばん」さんより細めで、「3SO」さんに近い感じの麺で、モチモチ食感と小麦の旨さを感じさせてくれる麺です。

 

 

 

 

セットに含まれている具材のチャーシュー。

煮豚系のチャーシューですが、柔らかいのもさることながら、味付けがスープとドンピシャに合っていて、実に旨いです。

 

 

 

 

これもセットに含まれている具材のメンマ。

一見すると、戻しが足りていない様な感じのメンマですが、絶妙な歯応えと、これまた絶妙な味付けで、このスープにはこれしか無いと言う位の完璧なマッチぶりです。

 

 

 

 

海苔。

オススメトッピングと言う事で、追加しました。

 

 

 

 

スープに浸して、麺を包んで頂きます。

モチモチの麺と魚介と海苔に浸みた鶏の旨味、そして海苔の磯感が合わさり、何とも言えない旨さです。

 

 

 

 

自作の半熟味玉。

2日程和風出汁に浸けてあったので、丁度良い味加減です。
このスープにもピッタリ合います。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えて、改めてスープを味わいます。

魚介出汁の旨味と、鶏の出汁の旨味もさる事ながら、やはりこの酸味のある醤油の旨さが、他の醤油味スープとは一線を画しています。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

このスープを最後の一滴まで味わいたい衝動に駆られますが、そこは我慢我慢・・・

琴平荘」の中華そば(あっさり)ですが、予想を遥かに上回る旨さでした。
まずスープの旨さが、今まで食べた醤油味のラーメンの中でも最高レベルです。魚介出汁は優しい味ながら旨味をしっかり引き出しており、鶏の出汁がそれをしっかり支えています。

そして醤油の旨さは特筆モノです。
醤油の塩分、旨味、そして後味に感じる仄かな酸味、それは決して余計なものでは無く、無くてはならないものです。

加えて自家製麺の麺の旨さ、そして具材の見事さも有り、恐ろしく高いレベルで纏まっています。

個人的には今まで食べた醤油味ラーメンの中で、ダントツの旨さと言っても過言では有りません。

季節限定且つ山形という立地なので、おいそれとは行かれませんが、これは一生の内に一度は訪問すべきだと思いました。

宅麺.comで取り寄せる事が出来て、本当に良かったです。

 

 

 

こちらも是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 三瀬駅小波渡駅