広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

今日は前々から行こう行こうと思っていて、行かない内にCovid-19の蔓延で行かれなくなってしまった、代々木の「生姜醤油専門 我武者羅」の「元祖 背脂生姜醤油ラーメン」を通販で取り寄せたので、早速作ってみました。

生姜醤油ラーメンと言えば、長岡ラーメンの「青島食堂」が有名ですが、それに燕系の背脂を加えた様なラーメンです。

具材入りのスープ、麺、トッピングの岩のりとおろし生姜のセットです。

 

 

 

 

まずはスープの湯煎から。

湯煎時間は約10分なので、早めに湯煎を始めます。

 

 

 

 

麺の茹で時間は2分半〜4分。

スープを湯煎し始めて7分程経ってから茹で始めます。

 

 

 

 

スープを丼に移し、茹で上がった麺を入れて、トッピングを載せれば完成です。

半熟味玉と九条ネギを追加しました。

 

 

 

 

まずはスープから。

背脂醤油と言えば燕ラーメンですが、「肉煮干し中華そば 鈴木ラーメン店」の「背脂煮干」が燕系に近いラーメンです。

それと比較すると、思ったより醤油が効いている訳では無く、寧ろ背脂のお陰でとてもマイルドな味になっており、丸鶏や鶏ガラ、豚骨に煮干しを加えたスープの方が感じられます。

ちなみにおろし生姜を溶かなくても生姜の風味が有るので、スープ自体に生姜を使用している様です。

 

 

 

 

中細ストレートの麺。

三河屋製麺製の麺で、コシが有ってモチっとした食感が有り、小麦の風味のする麺です。

 

 

 

 

スープと一緒に入っていたチャーシュー。

ロースチャーシューの様で、薄手ですが肉感が有るチャーシューです。
どちらかと言えば、長岡ラーメンに近いチャーシューです。

 

 

 

 

こちらもスープに入っていたメンマ。

最初に見た時は、薄くてヒラヒラしているので、てっきり穂先メンマかと思いましたが、良く見てみると薄いだけで穂先メンマでは有りませんでした。

しかしとても柔らかいメンマで、食感的には穂先メンマに近い感じです。

 

 

 

 

自作半熟味玉。

丁度良い加減に黄身が半熟で、和風の出汁が効いた旨い味玉に仕上がっています。

 

 

 

 

麺と具を食べ終わり、スープを味わいます。

改めて味わってみましたが、やはり醤油より鶏と豚と魚介のスープが前に出ていて、背脂でマイルドになったスープの味が絶妙です。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「生姜醤油専門 我武者羅」の「元祖 背脂生姜醤油ラーメン」ですが、正に長岡ラーメンと燕ラーメンのイイトコ取りの様な味です。

トッピングの岩のりが良い味を出していて、香ばしい磯の香りがして、生姜に良く合います。

長岡ラーメンの「青島食堂」と、燕系ラーメンの「肉煮干し中華そば 鈴木ラーメン店」の「背脂煮干」が合わさった様なラーメンで、しかも上手に合わせてあるので違和感も無く、旨さを引き出しています。

燕系ラーメンの背脂の甘味を上手に使った旨味と、長岡ラーメンの醤油のキレと生姜の爽快感を持つスープが合わさって、見事に調和した一杯に仕上がっています。

 

 

こちらも是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 代々木駅南新宿駅新宿駅