広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日はTwitter情報で限定の「ニーボ」(煮干)が有るとの事で、町田の「一番いちばん」さんに行って来ました。

「一番いちばん」さんの限定麺で煮干ラーメンと言うのは、自分としては初めて聞きました。

 

 

 

 

Twitterの告知。

10月2日にも、夜の部でニーボ(煮干)が提供されたのですが、予定がつかなかったので、昼提供はありがたいです。

 

 

 

 

開店前の11:45頃到着で1番乗りでした。
開店時間10分前には7人程並んでいました。

「ニーボ」は「限定1」¥850のボタンです。
「味玉」¥100も買いました。
一緒に行った奥様は「味玉中華そば」にしました。

 

 

 

 

食券を渡して待つ事10分程で、まず奥様の「味玉中華そば」が着丼。

今日はいつもの醤油加減です。
前回の「雲呑生姜中華」は醤油が濃い目でした。

 

 

 

 

続いて私の、限定「ニーボ」(煮干)が着丼。

チャーシューは豚腕肉のみ、小松菜無し、海苔とメンマ、刻み玉ねぎトッピングと言うシンプルな構成です。
追加トッピングの味玉も載っています。

 

 

 

 

まずはスープから。

いつもの「雲呑生姜中華」や「特生姜中華」は醤油が立っている印象ですが、この「ニーボ」は醤油が控えめで、その分煮干しスープが前面に出ている感じです。

仄かにビターな煮干しの旨味が感じられます。

 

 

 

 

麺は青竹踏み手打ち麺。

ピロピロの麺は幅広で、モッチリ食感ですが、喉越しが良く、小麦の風味が感じられる美味い麺です。

 

 

 

 

豚腕肉のチャーシュー。

大ぶりで厚みも有り、肉感たっぷりのチャーシューです。
味付けは控えめなので、スープの邪魔をしません。

 

 

 

 

細切りのメンマ。

サクサク食感で、麺との食感の違いを楽しめます。
味付けは適度で、醤油味スープに良く合います。

 

 

 

 

海苔。

家系ラーメンの半分くらいの大きさの海苔です。

 

 

 

 

スープに浸して海苔巻き麺にして頂きます。

煮干醤油のスープに香ばしい海苔の風味が加わり、モチっと食感の麺がとても美味しいです。

 

 

 

 

味玉。

小川フェニックスの卵を使用した味玉。
黄身が半熟でまろやかな旨さです。

小川フェニックスの卵は「超純水彩麺 天国屋」さんも使用しています。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えて、スープを味わいます。

仄かに煮干しのビターな味がして、煮干しの旨味を抽出したスープに、優しい醤油味がバランス良く調和しています。

白河ラーメンらしさが有りながら、煮干しの旨味を味わえるスープになっています。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「一番いちばん」さんで初めて味わう「ニーボ」(煮干)でしたが、流石は金原店主、レベルの高い一杯を作り上げています。

丁寧に煮干しを下処理して抽出したであろうスープは、仄かにビターですがエグ味など雑味は全く無く、絶妙に旨味を抽出しています。

合わせる醤油ダレも過度に主張せず、スープの旨味を味わえる様に調節されています。

そして「一番いちばん」さんこだわりの青竹踏み手打ち麺が、スープの旨さを絶妙にサポートして旨さを引き出しています。

トッピングの刻み玉ねぎも秀逸で、刻み玉ねぎの爽やかな辛味が煮干のビターな味にピッタリで、非常に美味しいです。

個人的には是非レギュラー化して欲しい一杯です。

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 町田駅