広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は先日通販で取り寄せた、「とものもと」の「醤油らーめん」と「塩らーめん」を作ってみました。

冷凍スープと冷凍麺のセットで、具材は付いていません。

 

 

まずはスープを湯煎します。

溶けてから5分程湯煎します。

 

 

 

 

次に麺を茹でます。

自家製麺の麺は太縮れ麺。
茹で時間は3分半〜4分です。

 

 

 

 

丼にスープを注ぎ、茹で上がった麺を入れてトッピングを載せれば完成です。

チャーシューは「シウマイのタチバナ」さんのロースチャーシュー、市販のメンマ、九条ネギ、自作の半熟味玉、海苔を載せました。

 

 

 

 

まずはスープから。

丸鶏、鶏ガラ、昆布、鰹節などで作ったスープ。
醤油が効いていて、ちょっと懐かしい感じのスープです。

 

 

 

 

手打ちの太縮れ麺。

モチモチの太縮れ麺は白河ラーメンの名店「一番いちばん」さんを彷彿とさせる弾力と小麦の味です。

 

 

 

 

ロースチャーシュー。

シウマイのタチバナ」さんのロースチャーシューで、しっかりとした肉感を残して焼き上げられており、醤油ラーメンに良く合う味付けです。

 

 

 

 

メンマ。

市販のメンマですが、オールラウンドな味で醤油でも塩でも合うタイプです。
柔らかく煮られており、サクサク食感が良い感じです。

 

 

 

 

海苔。

調理イメージ写真に海苔が載っていたので載せてみました。
オーソドックスな醤油味ラーメンだけに、海苔が良く合います。

 

 

 

 

海苔をスープに浸して、麺を包んで頂きます。

醤油味スープの良く浸みた海苔とモチモチの麺が良く合っていて、とても美味しいです。

 

 

 

 

自作の半熟味玉。

今回のものは黄身がゼリー状の半熟でした。
和風出汁に漬け込んで作ったので、醤油味スープに良く合います。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えて、スープを味わいます。

香ばしい醤油と、それをしっかり支える丸鶏+鶏ガラと魚介のスープは、真面目に作られている事が伝わるスープです。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「とものもと」さんの「醤油らーめん」ですが、香ばしい醤油と旨味たっぷりの丸鶏+鶏ガラ+魚介スープと、モチモチの自家製麺が旨い一杯でした。
とても真面目に作られた一杯で、好感が持てます。

 

 

 

 

こちらは「塩らーめん」。

鯖節の香りが広がります。

 

 

 

 

スープを飲んでみます。

鯖節や煮干しの味を上回る様に、ホンビノス貝やアサリの旨味がガツンと来ます。
それ以外にも昆布や椎茸などが使われており、とても旨味の強いスープです。

 

 

 

 

麺は手打ちの太縮れ麺。

モチモチの麺は旨味の強い塩味スープに負けない小麦の旨味と歯応えで、とても美味しいです。

 

 

 

 

ロースチャーシュー。

シウマイのタチバナ」さんのロースチャーシューですが、しっかりと焼き上げられたチャーシューで、思ったより塩ラーメンにも良く合います。

「とものもと」さんの「醤油らーめん」と「塩らーめん」でしたが、あくまでも個人的な感想ですが、豊富な旨味の「塩らーめん」の旨さが際立ちました。

無論、「醤油らーめん」もオーソドックスな味でしっかりと真面目に作られており、とても好感の持てる一杯でした。

どちらも満足の行く一杯で、お取り寄せラーメンの中でもかなり上位に位置するラーメンです。

Covid-19が収束したら、ぜひお店に行ってみたいです。

 

 

 

こちらも是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 東海神駅新船橋駅船橋駅