広告

スポンサーリンク


どうも、Mormorです!

 

今日は南区10周年記念ラーメン「南区10(テン)こもりラーメン」を食べに、昌龍飯店に行って来ました。

相模原市南区の誕生10周年記念として、地元の谷口台小学校4年2組の児童がメニューを考え、昌龍飯店さんが実際に作り上げた一杯です。

 

 

 

 

お店の前にも「南区10(テン)こもりラーメン」の看板が立っています。

チャーシューは「さがみはら香福豚」、味玉はコトブキ園(相模原市麻溝台)の惠壽卵、野菜は相模原産の小松菜・ネギなどを使用、中根製麺(相模原市若松)の麺など、地元食材をふんだんに使用しています。

 

 

 

 

丁度お昼時に伺いましたが、満席で外待ちが2名、3番目に接続しました。

待つ事15分程で、店内に入れました。
テーブルには「定食メニュー」と、期間限定メニューの「キムチヤキメシ」¥800,「スーラータンメン」¥930,「塩麻婆飯」¥850などが有ります。

昌龍飯店の「スーラータンメン」は旨いので、一瞬迷いましたが、やっぱり初志貫徹で「南区10(テン)こもりラーメン」¥1,000にしました。
長女と奥様も「南区10(テン)こもりラーメン」、次女は「レタスヤキメシ」にしました。

 

 

 

 

家族で行ったので、テーブル席に案内されました。

テーブルやカウンターには透明なパーティションが設置されています。
卓上調味料は白胡椒、黒胡椒、七味唐辛子、酢、醤油、ラー油など。
箸や楊枝、ペーパーナプキン、水の入ったピッチャーも有ります。

 

 

 

 

待つ事10分程で、「南区10(テン)こもりラーメン」が着丼。

海苔は「祝」文字入り、「10」の文字を入れた揚げワンタンが載せられています。

 

 

 

 

まずはスープから。

スープは鶏ガラベースの醤油味スープで、如何にも街中華らしい「中華そば」っぽい味です。

 

 

 

 

麺は中根製麺製の中細ストレート麺。

細めの麺はキッチリ茹で上げられており、適度なコシと歯応えの麺です。
あの「ラァメン家 69’N’ROLL ONE」(閉店)が使用しており、長津田の「十人十色」さんや小田急相模原の「麺処 宥乃」さんなども使用しています。

ちなみに昌龍飯店さんは、普段から中根製麺さんの麺を使っています。

 

 

 

 

「さがみはら香福豚」を使ったチャーシュー。

ものすごく柔らかい食感ながら、ちゃんと肉感が有り、肉自体の味がとても美味しいです。

 

 

 

 

相模原産の小松菜やネギなどの野菜をふんだんに使用しています。

モヤシ、玉ねぎ、にんじんなど、タンメンに近い位沢山の野菜が使われています。

 

 

 

 

「祝」の字が入った海苔。

この海苔が2枚載っています。

 

 

 

 

スープに浸して、麺を巻いて海苔巻き麺にして頂きます。

醤油味スープに海苔は良く合います。

 

 

 

 

コトブキ園の惠壽卵を使った味玉。

黄身の味がとても濃い、とても美味しい味玉です。

 

 

 

 

麺と具材を食べ終えて、スープを味わいます。

シンプルな味のスープは、懐かしの「中華そば」と言った味です。
昌龍飯店さんの「ラーメン」や「レモンラーメン」などもベースのスープは同様と思われますが、昌龍飯店さんのラーメンはどれも美味しいです。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

元々かなりボリュームの有る昌龍飯店さんのラーメンをベースに、沢山の野菜や香福豚のチャーシューやコトブキ園の惠壽卵の味玉など、具材がとても充実しているので、かなりのボリュームです。

地元相模原産の食材をふんだんに使用した「南区10(テン)こもりラーメン」。
谷口台小学校の生徒さんも沢山来ていました。
地元の食材を使って、地元の中華屋さんが地元の小学生とコラボして作った「南区10(テン)こもりラーメン」。

2月18日〜3月14日までの期間限定&数量限定となっています。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


グルメランキング

関連ランキング:中華料理 | 相模大野駅