広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は先日通販で取り寄せた、和歌山県和岩出市の「中華そば 丸田屋」の「中華そば」を取り寄せてみました。

和歌山ラーメンと言えば、「井出商店」が有名ですが、お花の形のかまぼこが載っているのが特徴です。

 

 

 

 

パッケージの内訳。

麺、スープ、チャーシュー、メンマまでは普通ですが、なんと刻みネギまで付いています。

正に「お店の味をそのままに」を体現しています。

 

 

 

 

裏面に作り方説明が載っています。

スープの温め方はスープのパッケージに有る様です。

 

 

 

 

スープバッグの裏にある、スープの温め方。

そのまま湯煎しても、短時間湯煎して鍋に移して温めてもどちらでも良い様です。

 

 

 

 

と言う訳で、湯煎する事にしました。

ついでに1〜2分程チャーシューを温めます。
スープはそのまま5分湯煎します。

 

 

 

 

麺の茹で時間は1分〜1分半。

今回は1分茹でてみました。

 

 

 

 

スープを丼に注ぎ、茹で上がった麺を湯切りして入れて、トッピングを載せれば出来上がりです。

今回は自作半熟味玉のみ追加しました。

 

 

 

 

まずはスープから。

獣臭がするスープは、想像より鶏ガラスープが効いており、家系ラーメンのスープに近い感じですが、醤油がガツンと効いていて、それがアクセントになっています。

 

 

 

 

麺は細麺ストレート。

博多ラーメンより太く、熊本ラーメンより細い麺。
加水率は博多ラーメンや熊本ラーメンより高めで、パツンとした食感ながらツルツルした感じです。

醤油の効いたスープに良く合います。

 

 

 

 

バラチャーシュー。

薄切りのチャーシューが3枚載っています。
懐かしの煮豚系チャーシューで、醤油の効いたスープと併せてノスタルジックな感じがします。

 

 

 

 

細切りのメンマ。

サクサク食感で、濃いめの味付けがスープに良く合うメンマです。

 

 

 

 

花びら型のかまぼこ。

これが載っていると「和歌山ラーメン」らしい感じがします。

 

 

 

 

自作の半熟味玉。

今日は黄身がゼリー状に仕上がりました。
和風出汁で味付けしているので、醤油の効いたスープに良く合います。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えて、スープを味わいます。

ガツンと醤油の効いたスープは、豚骨と鶏ガラの濃厚スープですが、思いの外コッテリ感は無く、コクと旨味のあるスープです。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

和歌山の「中華そば 丸田屋」さんの「中華そば」でしたが、獣臭のするスープは濃厚ながら、鶏ガラと醤油の効いた、思いの外飲みやすいスープでした。

家系ラーメンのスープを彷彿とさせますが、ガツンと効いた醤油と、表面に膜が張る程鶏油が効いたパンチの有るスープでした。

これ程パンチの有るスープに組み合わされるのは、意外な事に細麺ですが、この麺は細麺ながらコシと歯応えが有り、且つツルツル食感でスープが適度に絡み、絶妙なバランスになっています。

冷蔵なので賞味期間が短めですが、麺と具材、薬味のネギまで付いて1食¥756(税込)とかなりリーズナブルで、ご家庭で本格和歌山ラーメンが食べられます。

 

 

お取り寄せラーメンは、コチラも参照してみて下さい。

 

 

広告

スポンサーリンク


 

 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 紀伊小倉駅