広告

スポンサーリンク


どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は先日通販で取り寄せた、「銀座 いし井」の「中華せいろ」を作ってみました。

こちらの「中華せいろ」には「かぼす」果汁と原了郭の「黒七味」も付いて来ます。

 

 

 

 

まずはスープの湯煎から。

10分程湯煎します。

 

 

 

 

麺の茹で時間は6〜8分程。

7分程茹でてみました。

 

 

 

 

茹で上がった麺を水で締めて、水を切ってザルに載せます。

今日は4人分をザルに載せて、ザルうどんの様に食べる事にしました。
付属の「かぼす」果汁は、あらかじめ麺の方に掛けておきました。

 

 

 

 

具入りのスープ。

チャーシューとメンマが入っています。
分葱は別途追加しました。

 

 

 

 

麺をスープに浸して頂きます。

ツルモチ食感の太麺は加水率高めの麺で、如何にもつけ麺に向いている麺です。

濃厚なスープは鶏をメインに豚骨や魚介を加えたもので、濃厚ながらクドさは有りません。

 

 

 

 

ロースチャーシュー。

柔らかいので、持ち上げる時に半分に切れてしまいましたが、本来はこの倍くらいの大きさです。

柔らかくて良く味の染みた美味しいチャーシューです。

 

 

 

 

メンマ。

オーソドックスなメンマですが、濃厚なスープと良く合います。

 

 

 

 

セットに含まれている海苔。

厚手の良さそうな海苔です。

 

 

 

 

スープに浸して麺を包んで頂きます。

海苔の磯の香りが濃厚なスープと良く合っていて、とても美味しいです。

 

 

 

 

ここで付属の「黒七味」を使って味変します。

いつもは麺の方に掛けるのですが、今回は麺がザルで共用なので、スープの方に入れました。

 

 

 

 

麺を食べてみると、黒七味特有の辛味と香ばしさが有り、とても美味しいです。

個人的に、つけ麺に黒七味は大好きな組み合わせです。

 

 

 

 

自作の味玉。

今日は黄身がゼリー状の半熟です。
和風出汁で漬けてあるので、濃厚スープにも良く合います。

 

 

 

 

出汁で割って、スープを頂きます。

濃厚スープは鶏メインで、豚骨や魚介を加えたスープですが、鶏白湯スープの様な旨味が有りながら、唇がカピカピになる様な事は無く、後味はスッキリしています。
かぼす果汁の酸味も加わって、爽やかで旨味の濃い味になっています。

と言う訳で、お取り寄せの「銀座 いし井」の「中華せいろ」でしたが、期待に違わず美味しい一杯でした。

ツルモチの麺に濃厚スープの、典型的なつけ麺ですが、鶏・豚・魚介のトリプルスープとかぼす果汁、そして味変の「黒七味」と抜かりの無い仕上がりです。

味的にはお店で食べた時と遜色ない仕上がりですが、やはりCovid19禍が落ち着いた暁には、是非お店で食べたいと思います。

 

 

こちらを是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:つけ麺 | 大崎広小路駅五反田駅大崎駅