広告

スポンサーリンク


どうも、Mormorです!

 

今日は食べログのフォロワーさんから「食べに行きました?」と聞かれて「冷やし中華」は未食だったので、久しぶりに「麺屋 歩夢」さんに行って来ました。

2019年の年末に訪問して以来、1年4ヶ月ぶりの訪問です。

 

 

 

 

久しぶり過ぎて、食券が先か並ぶのが先か忘れていました。

食券が先でした。
食券を買ってから並ぶのがここのルールの様です。

 

 

 

 

と言う訳で、まずは入口左手の軒下に有る券売機で食券を購入します。

「冷やし中華は限定950円の食券を買って下さい」と有ります。
と言う訳で、一番下の「限定」¥950の食券を買いました。

 

 

 

 

開店直後に伺いましたが、駐車場は満車で外並び5名ほどでした。

暑い中、コンスタントに並びが出る程の人気は相変わらずです。

 

 

 

 

Covid-19の影響で、営業時間が変わっている様です。

感染者数爆増中なので、当面営業時間はこうなる様です。

 

 

 

 

カウンター席の角に案内されました。

カウンター席は結構間隔が狭いです。
パーティションも特に設置されていません。

食券を渡し、ここは麺量が多いので「麺半分で!」と麺量を半分にしてもらいました。

 

 

 

 

相変わらず上手なイラストが有ります。

ネズミがカワイイです。

 

 

 

 

4月15日で3周年だった様で、遅ればせながらおめでとうございます。

いつ来ても満員で外並びが出ている人気店です。

 

 

 

待つ事20分以上、先客3名、後客3名の後で、漸く「冷やし中華」(麺半分)が着丼。

「冷やし中華」は麺を茹でた後、水で締めるのでロットの最後になります。
コールは「ニンニク・アブラ」です。

 

 

 

 

自家製麺の太麺。

モチモチの「麺でる 相模原店」とワシワシの「スモジ」(ラーメン二郎 相模大野店)の中間位の感じの麺です。

前回は「麺硬め」でお願いしましたが、今回は茹で加減は普通にしました。
個人的にはこの麺なら「普通」の方が美味しいと思いました。

スープは「麺屋 歩夢」さんの醤油味のスープをベースに胡麻と酸味を加えたスープで、胡麻の香ばしい風味と酸味が甘めのスープに良く合っていて、とても美味しいです。

 

 

 

 

綺麗に巻かれたブタ。

大きさ/厚さ共に十分な、ボリュームのあるブタ。
しっかり肉感も有り、味付けもバッチリです。

 

 

 

 

スライストマトが載っています。

コッテリ系のスープは胡麻の風味と酸味でサッパリしていますが、トマトがとても良く合います。

 

 

 

 

アブラ。

濃厚な味付きの背脂です。

 

 

 

 

たっぷり載ったモヤシ。

ヤサイは9:1位の比率でほぼモヤシです。

 

 

 

 

良くかき混ぜてから、改めて麺を頂きます。

ニンニクとアブラが混ざると、胡麻風味で酸味の有るサッパリ系だったスープが、コクと旨味の有るコッテリ系のスープに変化します。

 

 

 

 

アブラとヤサイを絡めて麺を頂きます。

甘めの味付けのアブラとヤサイは相性が良いです。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「麺屋 歩夢 淵野辺本店」の「冷やし中華」でしたが、「麺屋 歩夢」さんのラーメンを上手に「冷やし中華」にアレンジしていて、とても美味しい一杯でした。

胡麻の香ばしい風味と酸味でサッパリとしたスープは、ニンニクやアブラを混ぜて行くと旨味の有るコッテリ系のスープへと進化して行きます。
トッピングのスライストマトが絶妙に合っていて、美味しいです。

最後の方になると、味の濃い甘めのスープとコッテリのアブラで、私位の年配者にはちょっとクドくなって来ますが、こちらの客層は若い男性が殆どで、この位味が濃くてコッテリしていた方が良いのでしょう。

濃いめの味にコッテリの脂、そしてボリューム満点と、若い方にはピッタリのお店です。

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

 

 

 

 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 淵野辺駅矢部駅