広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は先日通販で取り寄せた、「天下一品」の「こってり」を作ってみました。

昨年辺りからパッケージが新しくなって作り方も変わりました。
しかし前回作ってみて、やはり麺はスープで茹でずに別に茹でた方が旨いのでは無いか?と思い、今回はスープと麺を別々に作る事にしました。

 

 

 

 

まずはスープを袋から出して、1袋あたり水150CCを加えて鍋に入れ、温めます。

あんまり沸かしてしまうと焦げてしまうので、弱火〜中火位で10分程温めます。

 

 

 

 

麺の湯で時間は2分30秒。

時間通りに茹でてみました。

 

 

 

 

丼にタレを入れておきます。

タレは薄口醤油の様な感じです。

 

 

 

 

丼にスープを注ぎ、茹で上がった麺を湯切りして入れ、具材を載せて出来上がりです。

チャーシューとメンマはセットのもの、九条ネギと半熟味玉は別途用意しました。

 

 

 

 

まずはスープから。

「こってり」ならではのトロリとした濃厚なスープは、しかしクドさが無く、コクと旨味が有ります。

かれこれ4回程取り寄せていますが、このスープの再現度は見事です。

 

 

 

 

中細ストレート麺。

説明通りの2分半だと少し柔らかめに感じます。
お店で食べる時位の食感にするには1分半〜2分位にした方が良さそうです。

 

 

 

 

ロースチャーシュー。

このチャーシューがまた旨いです。
300g位のチャーシューがセットに付いて来るので、ラーメン4杯では余ってしまうのですが、これが良い酒のつまみになります。

 

 

 

 

メンマ。

これもセットに付いてきたメンマですが、スープの味にピタリと合う味に仕上がっています。

 

 

 

 

セットに付属の「にんにく薬味」と「からし味噌」。

お店だと卓上に有るのは「からし味噌」で、「にんにく薬味」は店員さんに言うと出て来ます。

 

 

 

 

「にんにく薬味」を入れてみます。

かなりにんにく感が有りますが、不思議とあまり臭みが無い薬味です。

 

 

 

 

「からし味噌」。

「からし」と言う名前ほど辛い訳では有りませんが、ピリ辛で旨味が有ります。

 

 

 

 

「にんにく薬味」と「からし味噌」を足した後で、麺を味わってみます。

「にんにく薬味」のコクと旨味、そして「からし味噌」のピリ辛と旨味が合わさって、とても美味しいです。

 

 

 

 

スープを味わってみます。

「こってり」のクリーミーで濃厚なスープに「にんにく薬味」と「からし味噌」が加わって、食欲をそそる美味しい味になっています。

 

 

 

 

自作の半熟味玉。

今日は黄身がトロトロの半熟に仕上がりました。
「こってり」のクリーミーで濃厚なスープに良く合います。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

と言う訳で、「天下一品」の「こってり」でしたが、これだけの濃厚さが有りながら、後味がスッキリしているスープはなかなか無いと思います。

鶏ベースとは言え、濃厚だけど後味もしつこいか、スッキリだけどコクが足りないか、どちらかですが、天一の「こってり」はその両方を満たしてくれます。

お取り寄せでもお店に迫るクオリティなので、すっかりハマって定期的に取り寄せる様になりました。

とは言え、Covid-19が収束した暁には、やはりお店で食べたい所です。

 

 

広告

スポンサーリンク


 

 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 茶山駅一乗寺駅元田中駅