どうも、Mormorです!

 

先日、「カネキッチンヌードル」の「地鶏丹羽黒どり醤油らぁめん」を取り寄せた時に同時にオーダーしていた「くり山」の「中濃中華そば」が漸く届いたので、早速作ってみました。

店主の栗山さんは、東池袋大勝軒で4年、大崎の六厘舎で3年修行を積み、六厘舎の下で「仁鍛(じんたん)」を開店、その後六厘舎からの初の独立店として名前を変え、「くり山」となりました。

当然、一番のウリは「つけ麺」ですが、「中濃中華そば」が気になったので、こちらにしました。

 

 

 

 

まずはスープを湯煎します。

このスープはチャーシューとメンマも入っています。
湯煎時間は10〜15分、火加減は中火です。

 

 

 

 

次に麺を茹でます。

茹で時間は3分半〜4分との事で、3分半茹でました。

 

 

 

 

丼にスープを注ぎ、湯切りした麺を入れて、トッピングを載せて出来上がりです。

チャーシューとメンマ、魚粉はセットのもので、九条ネギ、海苔、半熟味玉を追加しました。

 

 

 

 

まずはスープから。

魚粉を溶かずに味わってみました。
「中濃中華そば」と言う名前ですが、「TETSU」のつけ麺のスープ並みの濃度です。

濃厚豚骨魚介系のスープで、豚骨スープのコクと旨味がたっぷりで、少しクリーミーな感じがするスープです。

 

 

 

 

中太ストレートの麺。

三河屋製麺製の麺は、モチっとした食感で、つけ麺の麺を彷彿とさせる麺です。

中濃スープにジャストフィットの麺で、小麦の風味がする、美味しい麺です。

 

 

 

 

バラチャーシュー。

非常に柔らかくて、橋で持ち上げると崩れそうな位です。
食べてみると、柔かいながらも肉感が残っており、味も適度な味付けで、美味しいチャーシューです。

 

 

 

 

メンマ。

適度な食感と味付けで、美味しいメンマです。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えて、スープを堪能します。

魚粉が溶け込んだスープは、初めと違って濃厚豚骨魚介のスープらしい味に変わりました。

後味にクリーミーな感じが残っており、雑味が少なく丁寧に作られたスープです。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

今回「中濃中華そば」を食べてみて思ったのは、やはり、このスープはつけ麺で味わってみたいと言う事でした。

豚骨魚介スープのラーメンとして、高いレベルの味である事は間違い無く、中太の麺の食感もつけ麺に近い感じで、食べていて「これがつけ麺だったら」と思う事が多々有りました。

つけ麺のルーツである「東池袋大勝軒」と濃厚魚介つけ麺の雄「六厘舎」で修行されていただけあって、麺もスープもつけ麺の方向性に近いものになっている様な気がします。

スープだけで無く、麺、具材も抜かりの無い仕上がりで、逆に言えば、「ラーメンがこのレベルなら、つけ麺はどんなに美味いんだろう」と大いに期待出来る味に仕上がっています。

今度は是非「つけ麺」を試してみたいと思います。

 

 

 

こちらを是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:つけ麺 | 白楽駅東白楽駅岸根公園駅