広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

今日は4ヶ月ぶりに「東京油組総本店 町田組」に行って来ました。

前回はCovid-19蔓延の前の2020年3月8日だったので、約4ヶ月半ぶりの訪問です。

2013年に初めて食べて以来、すっかり虜になって、赤坂勤務時代はほば毎週食べに行っていました。

 

 

 

 

FBのフォロワーさんから聞いていましたが、テイクアウトも出来る様になった様です。

スープの無い油そばはテイクアウトに向いているので、良いかもしれません。

 

 

 

 

なんと、値段が上がっています!

前回は「油そば」¥760でしたが、今回は¥780と¥20値上がりしています。
元々、スープが無い割には結構良いお値段でしたが、更に値上がりしています・・・😭

 

 

 

 

まずは券売機で食券を買います

「油そば」は「並盛」でも「大盛」でも「W盛」でも¥780なので、思わず「W盛」にしそうになりますが、そこはグッと堪えて「大盛」にしました。

「柚子こしょう」も忘れずに押しておきました。
ちなみに「柚子こしょう」は¥0です。

 

 

 

 

卓上にはラー油、酢、刻み玉ねぎ、辛味(自家製ラー油)、ブラックペッパー、楊枝、箸、水の入ったピッチャーが有ります。

基本はラー油と酢を回し掛けて、良く混ぜて食べます。

 

 

 

 

昼過ぎに伺って、店内は8割方埋まっていました。

ランチに来ているサラリーマン/OLさんが多い感じです。

 

 

 

 

待つ事7〜8分で、「油そば」大盛と「柚子こしょう」が到着。

相変わらず見た目は貧相です🤣
しかし、侮る事無かれ、コレがメチャメチャハマる味です。

 

 

 

 

まずはラー油と酢を回し掛けます。

「並盛」なら2周、「大盛」なら3周、「W盛」なら4周と書いて有りますが、私は6周位掛けます。

 

 

 

 

そして刻み玉ねぎを山ほど掛けます。

コレがまた特有の辛味で、メチャ旨です。
玉ねぎの嫌いな方は出来ませんが・・・

 

 

 

 

丼の底の方にタレが入ってるので、ひっくり返す様に良く混ぜます。

タレに浸かっていた、色の濃い部分を上に出して、まんべんなく混ぜていきます。

 

 

 

 

短冊切りのチャーシューに、柚子こしょうを少量付けて頂きます。

7年位通ってますが、コレが一番好きな食べ方です。

 

 

 

 

柚子こしょうの付いたチャーシューを、麺と共に頂きます。

秘伝のタレと、特製の自家製麺による旨さに加え、チャーシューと柚子こしょうの辛味が加わって、とても美味しいです。

中太の自家製麺はモチモチ食感で、独自配合の小麦の旨さが有り、秘伝のタレとの相性が抜群です。

 

 

 

 

メンマに柚子こしょうを付けて食べるのも旨いです。

メンマのサクサク食感と適度な味に、柚子こしょうの辛味が加わって、とても美味しいです。

 

 

 

 

麺に直接柚子こしょうを付けて食べても美味しいです。

揉み海苔を絡めて食べれば、海苔の磯感が加わって、更に美味しいです。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

4ヶ月ぶりに食べた「東京油組総本店 町田組」の「油そば」ですが、私が「油そば」と言うものに出会った最初の「油そば」と言う事も有って、一番旨い気がします。

と言うか、この味が「油そば」の基準になっているので、「コレより旨い」とか「コレより旨く無い」の様な判断基準の一つになっています。

「柚子こしょう」は食べ始めて1年後位に試してみて、すっかりハマりました。
今では欠かせない一品です。

感動する程旨いと言う訳では有りませんが、逆にそれだからこそ毎日でも食べられる程の普遍性が有り、「蒙古タンメン」ほどでは無いものの、定期的に食べたくなる中毒性が有ります。

Covid-19でしばらく間が空いてしまいましたが、それ以前は大体1ヶ月に1回位のペースで食べていました。
多分、これからも同じ位のペースで食べて行くと思います。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:油そば | 町田駅