広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は先日通販で取り寄せた、「らーめん恵本将裕」の「煮干らーめん」を作ってみました。

極太の麺はラーメン二郎の麺の様です。
チャーシュー、メンマ、ナルト、ほうれん草などの具材は別途用意されています。

 

 

 

 

まずはスープと具材を湯煎します。

具材の湯煎時間は3分程なので、先に引き上げます。

 

 

 

 

スープは引き続き湯煎します。

10分程湯煎します。

 

 

 

 

極太の麺を茹でます。

これだけの太麺に関わらず、茹で時間はなんと2分半〜4分半との事。
半信半疑で3分程茹でて試食してみたら、丁度良い茹で具合でした。

 

 

 

 

スープを丼に移して、湯切りした麺を入れ、具材を載せれば完成です。

チャーシューが巨大過ぎて麺が見えません。

 

 

 

 

まずはスープから。

セメント系スープではありませんが、その濃厚さはセメント系に匹敵する濃度です。

かなり塩分濃度高めの醤油と、ガツンと来る煮干しの風味で、素朴な雰囲気のスープです。

しかしビターではありますがエグ味は無く、旨味が良く出ています。

 

 

 

 

麺は極太麺。

黄色っぽくて極太で、まるでラーメン二郎の麺の様です。
しかし二郎のオーション麺と違ってワシワシ食感ではなく、モチモチ食感の麺です。

小麦の風味も有り、美味しい麺です。

 

 

 

 

材木メンマ。

太いメンマですが、柔らかくて適度な味のメンマです。

 

 

 

 

小さなナルト。

これが載っていると、ノスタルジックな感じになります。

 

 

 

 

ほうれん草。

冷凍されていますが、戻すとちょっとクタ系の感じになります。

 

 

 

 

茎わかめ。

たまたま冷蔵庫に有ったので、塩抜きして適当な大きさに切りました。
コリコリした食感と、磯の香りが醤油味スープに良く合います。
桂花ラーメン」には必須のトッピングです。

 

 

 

 

自作の半熟味玉。

ちょっと固茹でに近くなってしまいましたが、和風出汁に漬けた味玉は結構美味しいです。

 

 

 

 

麺と具材を食べ終えて、スープを味わいます。

鶏ガラ、背脂、煮干し、昆布、鯖節を使用したスープですが、とても煮干しや鯖節の風味が強く、荒削りな感じの味ですが、繊細な煮出し方でエグ味を抑えています。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「らーめん恵本将裕」の「煮干しらーめん」でしたが、荒削りに感じられるダイナミックな味ながら、所々に繊細さが感じられる一杯でした。

具材をわざわざ別パッケージにするなど、細かい所にこだわる所も有って、大胆さと繊細さを併せ持つ感じです。

麺の旨さも特筆モノで、ラーメンの麺としてはラーメン二郎を除いては見た事が無い程太い麺ですが、茹で時間は3分程で、モチモチした食感と小麦の風味が旨い麺です。

巨大なチャーシューや材木メンマ、ナルト、ほうれん草と豊富な具材も満足感が高いです。

 

 

 

こちらも是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 中目黒駅代官山駅祐天寺駅