広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は先日通販で取り寄せた、「中華そば ムタヒロ」の「銀鱗の醤油煮干そば」を作ってみました。

ムタヒログループ」は中央線国分寺駅周辺を中心に都内11店舗、大阪2店舗、海外2店舗を展開しています。

 

 

 

 

まずは具入りのスープを湯煎します。

4食分なので、鍋が一杯です。
沸騰後10分程温めます。

 

 

 

 

麺は茹で時間が8〜10分との事で、8分程茹でます。

の「いったん麺」の様な幅広麺も入っています。

 

 

 

 

茹で上がった麺を湯切りして、丼のスープに入れ、トッピングを載せて完成です。

海苔、九条ネギ、半熟味玉は別途用意しました。

 

 

 

 

麺は極太麺。

これもの「すごい煮干しラーメン」と同様ですが、「ムタヒロ」の麺はタピオカ粉が練り込まれており、独特の食感が有ります。

先日取り寄せた「つけめん さなだ」のつけめんもタピオカ粉が練り込まれており、独特のコシの強さが有ります。

 

 

 

 

幅広の麺。

の「いったん麺」に良く似ており、ワンタンの皮の様な食感です。

 

 

 

 

バラ巻チャーシュー。

非常に柔らかく、箸で持ち上げただけでバラバラになりそうな感じです。
これだけ柔らかいのに、味はしっかり浸み込んでおり、美味しいチャーシューです。

 

 

 

 

メンマは柔らかい穂先メンマ。

穂先メンマは入手が難しいので、セットに入っていてくれるとありがたいです。

 

 

 

 

別途追加した海苔。

煮干しスープのラーメンには、海苔が良く合います。
新潟の燕ラーメンの場合は岩海苔やバラ海苔などが載っています。

 

 

 

 

海苔をスープに浸して麺を包んで頂きます。

モチモチ食感の麺に海苔に染み込んだ煮干しスープと海苔の風味が良く合っていて、とても美味しいです。

 

 

 

 

自作の半熟味玉。

今日は黄身がゼリー状でまあまあの出来。
味の方はしっかり浸みていました。

 

 

 

 

麺と具材を食べ終えて、スープを味わいます。

の「すごい煮干しラーメン」ほど苦味やエグ味まで全部煮出した感じでは無く、ややビター感は有るものの、旨味を引き出している感じで、鶏ガラスープや醤油ダレと合わせ、そこに背脂を加える事で、背脂の甘みとコクを加えています。

 

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「中華そば ムタヒロ」の「銀鱗の醤油煮干しそば」でしたが、見た目程の「すごい煮干しラーメン」には似ておらず、むしろ新潟の燕ラーメンに近い感じの味です。

「肉煮干し中華そば鈴木ラーメン店」の「背脂煮干」が近い感じのラーメンですが、「ムタヒロ」のラーメンは少しスープに甘みが有り、クッキリとした味のスープです。

タピオカ粉入りの麺は独特のモチモチ感と弾力が有って、食べ応えのある麺です。

具材のバラ巻チャーシューや穂先メンマにも抜かりが無く、高いレベルでまとめられた一杯でした。

 

 

 

こちらも是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 国分寺駅