広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日はラーメン大好き小泉さんの作者、「鳴見なる」先生が良く通っている事で知られる、拝島の「らーめん凛々」さんに行って来ました。

写真で見た事は有りましたが、実際に見てみるとラーメン屋とは思えないポップな雰囲気です。

 

 

 

 

ちなみに駐車場はお店の先に有ります。

9〜12番が「らーめん凛々」さんの駐車場です。

 

 

 

 

金網や電柱に掲示が有る所が駐車場になります。

ちなみに砂利の駐車場ですが、車高の低い車でも大丈夫です。
(最低地上高9cm以上有れば)

 

 

 

 

停留所のポールが有ります。

ちゃんと時刻表も付いていて本格的です。

 

 

 

 

こちらの麺も、「丸孫商店」さん同様に、埼玉県新座市の「村上朝日製麺所」製の様です。

板の看板が良い味出してます。

 

 

 

 

入口のドアの裏には、営業時間と限定メニューが貼って有ります。

今日の限定は「凛々しい中華ソバ」¥800と「凛々しい特製中華ソバ」¥1,000の様です。

 

 

 

 

ドアの表側はこんな感じ。

ちょっとアジアンテイストな感じです。

 

 

 

 

入口横には注意書きが有ります。

Covid-19対策でティッシュ・楊枝が撤去されているので、マイハンカチもしくはティッシュを持参した方が良さそうです。

またゴミ箱も撤去されているので、ゴミは持ち帰りになっています。

 

 

 

 

こちらにも注意書きが貼って有ります。

それだけ注意書きを読まない人が多いって言う事ですかね…😢

 

 

 

 

入口のすぐの所には手指消毒用のアルコールスプレーが置いて有ります。

横にはSARAHの2019MENU AWARDの盾が飾って有ります。

 

 

 

 

壁には営業時間と限定メニュー、持ち帰り用の「凛々宅」の掲示が有ります。

持ち帰り用のメニューはCovid-19の流行に伴って、各店で増えている様です。

 

 

 

 

メニュー表。

こちらの券売機は番号で購入するタイプなので、このメニュー表を見て番号を確認します。

本来なら初訪問なので、「凛々しい特製地鶏中華ソバ」辺りが王道ですが、前々からとても気になっていた15.「凛々しいカルピスバターまぜソバ」にする事にしました。

 

 

 

 

こちらが券売機。

この券売機、数字でメニューを選択するタイプなのですが、色々喋ってくれます。

 

 

 

 

壁の「鳴見なる」先生直筆の色紙。

「ラーメン大好き小泉さん」の直筆サイン入り単行本と、「渡くんのXXが崩壊寸前」の直筆サイン入り単行本も飾って有ります。

 

 

 

 

額の下には「ラーメン大好き小泉さん」と、「渡くんのXXが崩壊寸前」の単行本が揃っています。

「ラーメン課」が有る山形県南陽市の情報誌も飾って有ります。

 

 

 

 

「鳴見なる」先生直筆の小泉さんとサインの入ったカウンター。

残念ながら隣の席だったので、ここで食べる事は出来ませんでしたが、記念にパシャリ📸。

 

 

 

 

右隣の席は、ラーメン界の錚々たる重鎮の方々のサインも有ります。

評論家の方々は、この席に座る事が多かったんですかね?

 

 

 

 

カウンターの真ん中の席に座りました。

ラーメンYoutuberの「SUSURU」さんの名刺が有ります。

 

 

 

 

正面に「ハイデン・コッコ」のイラストが描かれています。

「ハイデン」=「HIDEN」(秘伝)、「コッコ」=「ココ」だそうで、「秘伝は店主さんの頭の中に有る」と言う意味だとか。

 

 

 

 

待つ事7〜8分で、「カルピスバターまぜソバ」が着丼。

箸やレンゲは丼と一緒に出て来ます。

 

 

 

 

まぜそばなので、まずは麺から。

丸孫商店」さん同様に、「村上朝日製麺所」製の中細ストレート麺を使用。
パツンとした食感の麺で、小麦の風味がする美味しい麺です。

 

 

 

 

薄切りのレアチャーシュー。

これも「丸孫商店」さん同様ですが、しっとり食感で絶妙な味付けのローストポークっぽいチャーシューです。

 

 

 

 

鶏チャーシュー。

胸肉っぽいチャーシューは鶏肉特有のしっとり感が有り、サッパリとした美味しいチャーシューです。

 

 

 

 

山クラゲのメンマ。

これも「丸孫商店」さん同様に山クラゲを使用しています。
独特のコリコリ食感が面白いです。

 

 

 

 

ベビーリーフが載っています。

ヘルシー感も有り、女性受けしそうな感じです。
実際女性客もかなり多めでした。

 

 

 

 

スライスされたレモン。

これも彩りを添えていますが、味としても爽やかな酸味をプラスしてくれる食材です。

 

 

 

 

まぜそばなので、良く混ぜてから頂きます。

底の方に有るタレを良く絡めてから頂きます。

 

 

 

 

中細ストレート麺にタレが絡んでいます。

「カルピスバター」と言う名前から、あの甘くて酸っぱいカルピスの味を想像していましたが、食べてみるとバター醤油っぽい味で、カルピスっぽい甘酸っぱさでは有りません。

しかしカルピスの甘みと酸味を上手に利用していて、とても美味しいです。

 

 

 

 

大きな海苔。

汁なしなのでどうやって食べようか迷います。

 

 

 

 

頑張って麺を包んでみました。

パリパリのままなので、まるで海苔巻きを食べている様な感じです。
味的にはとても美味しいです。

 

 

 

 

もうすぐ食べ終わりそうなタイミングで、店員さんから「良かったらスープ割り如何ですか?今日のスープ割は『豆板醤のピリ辛スープ』です。」との事。

先日「丸孫商店」さんで「特製魚貝煮干し中華そば」を食べた時も、ラーメンにスープ割が有って驚きましたが、こちらでは何と汁無しの「まぜソバ」にスープ割りと言う、もはや何だか分からないと言うか、「それって『スープ付き』って事?」と言う感じです。

飲んでみると、当たり前ですが「カルピスバター」とは全く違った豆板醤のピリ辛スープで、とても旨いスープでした。
もしかしたらベースのスープが同じなのかもしれません。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

らーめん凛々」さんの「凛々しいカルピスバターまぜソバ」でしたが、想像していた様なカルピスの味とバターの味では無く、バター醤油にほんの僅かに甘味と酸味を足した様な味で、美味しいまぜそばでした。

町田の「パパパパパイン」の様に、果物やチョコレート、コーヒーなどを使って、ギリギリの線を攻める様なタイプでは無く、普通に「旨さを求めたらカルピスバターだった」と言う感じでしょうか?

いずれにしても、お店の見た目の可愛らしさと違ってラーメンの方は極めて真面目に作り込まれている様です。

ちなみに、ワタクシ店主の「丸山申孫」さんの顔を存じ上げなくて、後でネットの画像でお顔を拝見して、厨房に居られた方が店主さんだったと気付きました。

ユニーク且つ旨いラーメンを食べさせてくれる「ハイデン・コッコFACTORY」、鳴見なる先生が足繁く通われるのが分かった気がします。

 

 

 

広告

スポンサーリンク


にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 拝島駅熊川駅